Royz珍しい「ワンピース」カバー「ヒカリへ」演奏!
隔週レギュラーにて放送しているヴィジュアル系人気ニコ生公式番組 「ときめき☆びじゅナイト」が、スタジオを飛び出してライブイベントを開催。 それが「ときめき☆びじゅLIVE」。第1回目のイベントは、5月25日(日)に新宿BLAZEを舞台に開催。出演は、アンティック-珈琲店-/Royz/Blu-BiLLioN/Jin-machineの4バンド。LIVE演奏の他に、なんと中央にステージを作りトークコーナーまで用意された豪華なLIVE!サブ・タイトルに「初夏のときめき(ハートマーク)初体験」と題したように、通常のイベント・ライブとは異なる、”ときめき満載”なライブとなった。 【Royz】音源を通して触れているときのRoyzの歌には、何時も胸がとても躍らされる。でもライブになると、その楽曲たちは、熱さを持った表情として一変してゆく。 歪みを上げたギターの演奏が激しくドライブ。この日の冒頭を飾ったのは、身体中のエナジーを熱く脈動させてゆく『JOKER』だ。昴の振りに合わせ、観客たちも一緒に振り真似していけば、サビでは、思いきり手の花を咲かせ、間奏では拳振り上げてと、演奏が進むごとに変化してゆく楽曲の表情に合わせ、誰もが舞台上の5人に思いきり熱狂の想いを返していた。 『トカレフ』が流れ出したとたん、場内中のファンたちが左右に走り出した。唸るデジタルビートとヒステリカルなバンド・サウンドをミックス。気持ちを熱く昂らせてゆく『トカレフ』の演奏に誰もが身を委ね、感情の導くままにはしゃぎ、頭を振りまわし続けていた。無条件に、頭をカラッポに騒ぎ倒していける。それこそが、Royzのライブの醍醐味だ!! 「みなさま、こんばんぎゃー!!今日のステージでは何か初めてのことをやれということで、演ったことのない曲を演ります」。その言葉に続いて演奏したのが、「アニメ「ワンピース」のカバー・ナンバー『ヒカリへ』。まさかここでカバー・ナンバーを!しかも、とても爽やかな表情を満載した楽曲を届けてくるとは…。こういう晴れやかな表情も、爽やかな好青年揃いのRoyzには似合う楽曲じゃないか。 一転、ゴシックな旋律が流れ出した。激しさと妖しさをミックスさせた刺激的な『LILIA』が飛び出した。ソリッドな演奏が感情を痛く刺激。同時に、昴の唄う嘆き歌が心をグッと揺さぶっていく。激しさと刹那さを抱いた、『LILIA』を通した哀切な熱狂。続く『@bnormality』では、昴の煽りに合わせ、会場中のファンたちが全力でタオルを振りまわしながら、ギンギンに昂った熱い想いを舞台上の5人へぶつけていた。 最後は、開放的な曲調が魅力の『ACROSS WORLD』だ。まるで大空へ向かって羽ばたこうとしてゆく、まさに、気持ちを一気に嬉しい恍惚の境地へと導いていった『ACROSS WORLD』の演奏。場内中の誰もが大きく手の花を咲かせ、その場で飛び跳ねれば、サビでは、一緒に合唱する場面も。誰もが満面の笑顔を浮かべ、気持ちを一つにRoyzの演奏に想いを捧げていた。「ともに感情溶け合い交じりあった」姿を描き出してゆく。その様こそ、Royzのライブの楽しさだ。 MCコーナーには、ヴォーカルの昴とベースの公大が登場。「初体験話」では、この日『ヒカリへ』を演奏した感想について2人がトーク。「何かインパクトあることしたいな」ということで、今回、アニソン・コンピ盤でカバーした楽曲を初披露したそうだ。今後もこの楽曲はなかなか聞ける機会がなさそうなだけに、この日『ヒカリへ』を味わえたことは、かなり貴重な体験になったようだ。 ・ Royz【クリック】一曲から販売中!【ゲスト:ALSDEAD/GOTCHAROCKA】ときめき☆びじゅナイト【人気記事ランキング】☆Berryz工房 清水佐紀が衝撃タイトルの新曲とハロプロ次期リーダーについて語る☆アイドルChu―Zがファンと「握手会についてガチ討論」☆古参ライターが予想!AKB総選挙1位は松井珠理奈、注目は須田亜香里※AKB総選挙大島優子の13万票はどこへ行く?□SuGがLIVEで稲川淳二、アプガと共演へ! Royzは、7月2日にアルバム『CORE』をリリース。夏には全国ツアーもスタート。ファイナルの9月13日には渋谷公会堂でのワンマン・ライブも決定。夏からの大きな展開も楽しみにしていただきたい。(TEXT:長澤智典)