Blu-BiLLioNがびじゅLIVEで『Tresor -トレゾア-』LIVE初演奏
隔週レギュラーにて放送しているヴィジュアル系人気ニコ生公式番組 「ときめき☆びじゅナイト」が、スタジオを飛び出してライブイベントを開催。 それが「ときめき☆びじゅLIVE」。第1回目のイベントは、5月25日(日)に新宿BLAZEを舞台に開催。出演は、アンティック-珈琲店-/Royz/Blu-BiLLioN/Jin-machineの4バンド。LIVE演奏の他に、なんと中央にステージを作りトークコーナーまで用意された豪華なLIVE!サブ・タイトルに「初夏のときめき(ハートマーク)初体験」と題したように、通常のイベント・ライブとは異なる、”ときめき満載”なライブとなった。 【Blu-BiLLioN】流れ出した美しいピアノの旋律。その音色に想いを重ねるよう、ヴォーカルのミケがハートフルな歌を届け出した。「声を聞かせてー!!」。その言葉を合図に、演奏は『with me』へ。身体を躍動させるビートを持ちながらも、胸をキュンとくすぐるメロディーが、触れた人の心を優しく優しく包み込んでゆく。身体揺らしながらも、歌の持つ魅力に酔ってゆく観客たち。大サビでは、一緒に合唱する風景も。さすが、触れた人の心を多彩な歌で揺らしてゆくBlu-BiLLioNらしいライブの始まりじゃないか。 「今日は揺らしていくぞー!!全員で楽しもうかー!!」。演奏は、一気に駆けだした。サビ歌始まりの『H&H』に合わせ、場内中のファンたちが両手を広げ、手の花を咲かし出した。一緒に口ずさみたくなる歌に胸が躍りだし、心地好く疾走してゆく演奏に身体の疼きが止まらない。なんてハッピーな気持ちを届けてゆく楽曲であり、演奏なんだ。 「今日は初体験をするライブということで、僕が「なんとー」と言ったら「なんとー」と返して欲しい。そのやりとりで発表することを初体験したいから」とミケがトーク。告知されたのが、8月13日に最新シングル『GARDEN』をリリースするというニュース。さらにこの日、最新シングル『Tresor -トレゾア-』を初演奏することもここで報告。どこかノスタルジックな香りも匂わせながら、全体的には開放的な表情を持った『Tresor -トレゾア-』。熱狂するというよりは、歌と演奏がじんわりと胸に染み込み、何時しか身体が動き出す楽曲だ。ファンたちも、演奏に合わせゆったりその身を揺らしつつ、サビでは思いきり右手を左右に振りながら、舞台上に熱い想いを返していた。 「まだまだ上がっていくぞー!!全員、拳上げてこい!!」。駆けだした演奏。攻めな表情を持った『Aqua』の登場だ。疾走してゆくビートの上で、気持ち昂らせる歌が響いてゆく。熱狂しながらも、歌に引き込まれ続けていたのも、嬉しいポイントだ。 最後に披露したのが、とても晴れやかな曲調が魅力の『To Blue』。場内中に揺れる青いサイリウムの光。ハートフルな歌と演奏にキュッと抱かれてゆく、そんなドキドキな気持ちを最後に届けながら、温かな空気を場内に作り、Blu-BiLLioNのステージは幕を閉じていった。ファンたちがBlu-BiLLioNのライブに胸ときめかせるのも納得だ。 MCコーナーには、ヴォーカルのミケとギターのmagが登場。なぜかmagは、スイカの早食いも披露。ミケが、「みんなの愛を一身に受けて、今日は成長できたと思います」と、今日のライブについての嬉しい感想の言葉を届けていた。「Blu-BiLLioNの初体験は、「最新ナンバーの『Tresor -トレゾア-』を今日のステージで披露したこと」。しかもミケは、「歌詞も初めて飛ばした」とも告白していた。さらに2人は、ニコニコ生放送を通して観ていたファンたちからのリクエストに答え、ミケバウアーとmagバウワー(背をそらす姿)を披露。magに至っては、magバウアーを披露すること自体が初めての体験。 ※Blu-BiLLioN、DLならドワンゴで【ゲスト:ALSDEAD/GOTCHAROCKA】ときめき☆びじゅナイト【人気記事ランキング】☆Berryz工房 清水佐紀が衝撃タイトルの新曲とハロプロ次期リーダーについて語る☆アイドルChu―Zがファンと「握手会についてガチ討論」☆古参ライターが予想!AKB総選挙1位は松井珠理奈、注目は須田亜香里※AKB総選挙大島優子の13万票はどこへ行く?□SuGがLIVEで稲川淳二、アプガと共演へ! Blu-BiLLioNは、8月13日に最新シングル『GARDEN』を発売。9月12日にはなかのZERO大ホールでのワンマンも決定している。Blu-BiLLioNの夏の動きにも注目だ。(TEXT:長澤智典)