Berryz工房 清水佐紀が衝撃タイトルの新曲とハロプロ次期リーダーについて語る
衝撃的なタイトルとなったシングル『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』を発売するBerryz工房。 この楽曲をメンバーはどう考えているのか?今回はキャプテンである清水佐紀に話を聞いた。 ―新曲『愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』についてそれぞれ印象を教えて下さい。まずは、『愛はいつも君の中に』ですが、壮大な楽曲となっています。 清水佐紀軍隊っぽいというか…曲もカッコイイし、最初聞いた時はミュージカルっぽいなと思ったんです。歌詞の中で「さあ、笑え」って歌詞があるんですけど、そう言われて笑う人はいないですよね(笑)。凄いこと歌っているなと思います。歌詞の中に「愛」って言葉がいっぱい出てくるのですが、今までのBerryz工房にない新しい曲だな、と思いました。 ―どの辺が新しいと感じましたか? 清水佐紀曲もそうだし、メンバーも大人になって歌詞の意味も考えながら歌っているので、10年やってきたからこそ歌えた曲かなと思います。 ―話題の『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』ですが、最初にタイトルを見たときの感想を教えて下さい? 清水佐紀歌詞が配られたときメンバー全員いたんですけど、皆が一瞬「えっ?」って沈黙が続く感じで、衝撃が走りました。 ―歌詞には「名刺を作れば即アイドル」など挑発的な言葉もあります。この楽曲は、10年アイドルをやってきたBerryz工房だからこそ歌える曲だと感じます。 清水佐紀こんなに上から物を言っていいのかとは思うんですけど(笑)、他のグループでは歌えないBerryz工房らしさが出ていると思います。歌詞見ても、「ああその通り」って部分があります。「真夜中ずっと涙した事も~」っていう部分が共感を得ました。泣き虫なので、いつも泣いていたんです。そんな部分をつんく♂さんが歌詞に起こしてくれて、胸に来るものがありました。 ―「ママのダメだしはキツい」という歌詞も印象的ですが、清水さんのママも? 清水佐紀うちの親はあんまり口出ししないんですけど、須藤茉麻ちゃんのお母さんはLIVE見て「あそこはもっとああした方がいいよ」って言われるって言ってました。 ―『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』は、正直、始めはいい印象はなかったようですが、歌っているうちに愛着は湧いてきましたか? 清水佐紀ファンのかたも、「歌詞にジーンと来たんだよね」と言ってくださったり、大切な曲となっています。 ―清水さんは、アイドル10年やってきたわけですが、やってこられた理由はなにかありますか? 清水佐紀Berryz工房のメンバーは素の部分を出していることが多くて、自分たちのありのままの姿でやってこれたから、10年やってこれたのかなと思います。自分たちでも本当にこんなに続くと思っていなかったので、気づけば全員20歳超えて…大人になったなって思いますね。 ―やっぱり、バイト感覚じゃ続かないですか? 清水佐紀そうですね、続かないです(笑)。みんな学生時代は部活やりたかったりバイトやりたかったりしたんですけど、掛け持ちみたいな軽い気持ちではやってこれなかったんだろうな、と思います。 ―ちなみにですが、清水さん新曲のジャケットとだいぶビジュアルが違いますね。 清水佐紀そうなんです、実は髪をバッサリと40cm切りました!スタッフにも何の相談もせずに、「切っちゃえ」って切っちゃいました(笑)。 ―なかなか、新曲のジャケットと発売日の髪型が違うっていうのも、アイドルでは無いですよね。 清水佐紀何の許可も得ずに切っちゃいました!切ろうかどうか迷ったんですけど、切っちゃいましたね! ―そういう自由な部分も、10年やってこられた理由かもしれないですね。 清水佐紀そうですね(笑)。 ―今後は、Berryz工房として10年やってきて、20年、30年と続くんでしょうか? 清水佐紀そうですね…続けて行きたいなあとは思います。応援してくださるファンのかたがいる限りは続けていきたいなと思います。 ―この10年で良かったこと悪かったことはありますか 清水佐紀Berryz工房のメンバーじゃなかったら、人をまとめる能力がないので、こうやってキャプテンとして誰かをまとめることはなかったですね。だから、10年間キャプテンをやれて良かったです。悪かったことは、これといって無いんですよね…。 ―キャプテンの話が出ましたが、モーニング娘。14道重さゆみがハロプロを卒業します。次期ハロプロリーダーに清水さんを推す声も聞こえてきます。 清水佐紀そうなんですか(笑)。道重さんが辞められたら、ハローの中で一番年上がわたしになってしまうんです。現時点では、そんなに「やりたい!」って気持ちはないんですけど、ベリキュー(Berryz工房、℃-ute)がお姉さんグループになるので、もっとしっかりしなきゃいけないなと思います。先輩たちが教えてくれたハローの良さがあるので、そういうものを後輩に伝えていきたいなとは考えています。 ―実際に、清水さん自身、やりたいって気持ちはあるんですか? 清水佐紀モーニング娘。の中から誰かを選ぶ…ってなるんだったら、わたしがやります。℃-uteの舞美がやるとかなら、同期だし舞美はしっかりしているしなって思えるけど、先輩としてのプライドがありますので。 ―確かに、道重卒業後のモーニング娘。14はキャリア的には一番若いグループになりますからね。 清水佐紀そうですね。 ―ちなみに、ハロプロのリーダーって何をする役目何ですか? 清水佐紀特にやることはないんですけど(笑)、ハローのLIVE前の気合入れの一言だったりとか、何かあった時は答えたり…それがハロプロのリーダーです。 ―気合入れは、全員でやるんですか? 清水佐紀リーダーがなんか言ってから、みんなが気合入れします。 ―じゃあ、やりたいですね! 清水佐紀そうですね(笑)、道重さんとは夏のハロプロのコンサートで最後になるので、道重さんのことをシッカリと見ていたいです。道重さんといられる時間を大切にしたいですね。 ―ちなみに清水さん私生活では何に熱中してますか? 清水佐紀ファッションです。お洋服みたり、買ったり…。 ―テレビ東京「The Girls Live」のファッション企画(ハロプロ各メンバーが、他のハロプログループの衣装をコーディネートする)はやりましたか? 清水佐紀スマイレージのコーディネートをやりました!楽しかったんですが、スマイレージメンバーの私服を見たことがなかったので、どういうものが好みか分からなくて…。スマイレージのメンバーは皆スタイルが良いので、白いパンツはいてもらってかっこ良く、それでいてパステルカラーのかわいいトップを着てもらってコーディネートしました。 ―あの番組を見たファンは、みんな「グルーガン」が気になっていると思うんですが。 清水佐紀グルーガン(笑)。お洋服に装飾品をつけるのにグルーガンが最適なので、いつもみんな使ってますよね。グルーガンが何かは詳しく知らないんですけど(笑)、すごい使いやすいです。熱いから気をつけないとイケないんです。なんで毎回使っているのかは、よくわからないです、スタッフさんのお気に入りなのかな(笑)。 ―そして、今年も武道館公演を行います。 清水佐紀まだ何も決まっていないんですけど、また立たせていただけて嬉しいです。ただ、去年よりもハードルは上がります。前日に℃-uteがやるっていうのもあって、℃-uteよりもいいモノを魅せたいなと思います。 ―特に、聞いて欲しい曲とかありますか? 清水佐紀『すっちゃかめっちゃか~』です!この曲はどこで歌っても盛り上がる楽しい鉄板曲なので、是非皆さんに聞いて欲しいです!去年の武道館は泣いてしまったんですが、いつも笑顔で終わりたいなと思っているので、今年はこの曲のように楽しく終わりたいです! ・『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』視聴もOK【クリック】【ハロプロ大特集】・スマイレージ田村芽実が話す「大親友・鈴木香音」と「モー娘。’14へのライバル心」☆スマイレージ福田花音「道重さんの次のハロプロリーダーは清水佐紀さんがいい」・モー娘。’14道重に紅白歌合戦「最高の席で観てもらいたい」