Jin-Machine、V系イベントでまさかのREAL HIP HOP
隔週レギュラーにて放送しているヴィジュアル系人気ニコ生公式番組 「ときめき☆びじゅナイト」が、スタジオを飛び出してライブイベントを開催。 同番組がスタジオを飛び出し、イベントを開催。それが「ときめき☆びじゅLIVE」。第1回目となったイベントは、5月25日(日)に新宿BLAZEを舞台に開催。出演は、アンティック―珈琲店―/Royz/Blu-BiLLioN/Jin-Machineの4バンド。LIVE演奏の他に、なんと中央にステージを作りトークコーナーまで用意された豪華なLIVE!サブ・タイトルに「初夏のときめき(ハートマーク)初体験」と題したように、通常のイベント・ライブとは異なる、”ときめき満載”なライブとなった。 【Jin-Machine】トップを飾ったのが、仙台をベースに活動中のJin-Machine。「俺たちがREAL HIP HOPをぶちかましてやるぜ!!」と叫びだすと同時に、ゲスト・ラッパーとして、LAのにゃっぴー県から足を運んだMC MIKUとDJ テリーK(アンティック―珈琲店―のMIKUと輝喜)が登場。2人を招いて最初に奏でたのが、クールなHIP HOPナンバーの『ワル~WARU~』。「ビジュアル系好き手を上げろー!!」と煽ってゆくヴォーカルの閣下ことfeaturing16。MC MIKUとDJ テリーKも、Jin-Machineのメンバーと一緒にリズムに合わせ身体を揺らし、観客たちを煽っていた。それにしても、ビジュアル系のライブで初っ端からHIP HOPが炸裂するとはなんとも嬉しい予想外の展開じゃないか。 「俺のトークについてこれるか!!」という煽りも、Jin-Machineらしさ炸裂!一転、流れ出したのが、「どすこい!!」コールも巻き起こった、ラウド・ナンバーの『大相撲ダイジェスト』。力士の真似をしたコミカルな振りを交えながらも、荒々しい演奏を通し、観客たちをモッシュやヘドバンの渦に巻き込んでいった。コミカル/ハードと巧みに楽曲を使い分けながら、観客たちを熱狂させてゆくその手腕は、さすがだ。 続いて演奏したのが、現在ドワンゴジェイピーで配信中の『母に捧げる破羅亜怒』。破羅亜怒と名付けたように、重低音な演奏が脳天を直撃。熱狂描くに相応しい楽曲だ。観客たちも、メンバーらの煽りに合わせ、一緒に「オイ!オイ!!」と声を荒らげ、場内に生まれた暴れの渦へ嬉しそうに巻き込まれ続けていた。 歪みを上げたギター・サウンド。高鳴る観客たちの感情と呼応してゆくよう、アタックの強い低音ビートが叩き出された。客席では、逆ダイに興じてゆく人たちも。ラウド&グルーヴィな『救声』を通し作り上げた熱狂の風景。 「拳を上げて心に響かせろー!」。観客たちが飛び跳ね、一緒にサビ歌を口ずさみだした。最後にぶちかました『さよならアキラメロン』まで、冒頭以外は徹底して激しく攻めてゆく楽曲を通し、Jin-Machineはライブハウスという空間に相応しい暴れ祭な風景を描き続けていった。 【Jin-Machine配信コーナーはクリック】【ゲスト:ALSDEAD/GOTCHAROCKA】ときめき☆びじゅナイト【人気記事ランキング】☆ClariSリリースイベントにニコファーレが揺れた☆アプガ、アイドル初?中野サンプラザでバット折☆松井玲奈「プリンシパル」で役獲得!初日から波乱続出! 星野卓也とのMCコーナーには、Jin-Machineより閣下とあっつtheデストロイの2人が登場。「初めての初体験」トークでは、「今日のHIP HOPナンバーの演奏に、MC MIKU、DJ テリーKを迎えたステージを行ったことが初体験」と閣下が語っていた。ツアー・ファイナルとなる7月19日のTSUTAYA O-EASTのワンマン・ミサでは、バラエティ豊かなエンターテイメント・ショーを楽しめそうなので、ぜひ、足を運んでいただきたい。ドワンゴジェイピーでは現在、3ヶ月連続楽曲配信も実施中。こちらもチェックだ。(TEXT:長澤智典)