鈴木亜美、小室哲哉と再びタッグ
今年2014年は鈴木亜美がデビューして15周年。 その締めくくりとして、デビュー曲『love the island』を手がけた小室哲哉と再びタッグを組み、まさに小室メロディーとも言える王道のミディアムバラードで、今の等身大の鈴木亜美を投影した楽曲『graduation』が完成した。 これまでの15周年の歩んで来た道を振り返ると共に、LOVEがあふれる6月「ジューンブライド」にかけ「ウェディング」をテーマに制作された珠玉のラブソング。稀代のメロディーメイカー小室哲哉の作曲、鈴木亜美本人が書きおろした詞をぜひとも堪能してほしい。また、今回の配信限定シングルのジャケット写真は、スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者「渡辺おさむ」によるLOVEが詰まった楽曲を象徴するSWEETな写真となっている。 【鈴木亜美名曲ばかり!】【人気記事ランキング】☆AKBを抜く?地下アイドルがFBでまさかの快挙☆乃木坂46神宮で初スタジアムライブ決定!□2.5次元コスプレダンスユニット「アルスマグナ」がメジャーデビュー