バロック新ビジュアル解禁!6月ツアーでは新曲発表も?
6月5日にさいたま・HEAVEN’S ROCKさいたま新都市VJ-3を皮切りに全国ツアー“de novo”を開催するBAROQUEがツアーのキー・ビジュアルを初公開した。 怜(vo)と圭(g)の2人体制になった彼らはこれまでのBAROQUEのイメージを一新し、スタイリッシュなニューBAROQUE像を打ち出した。公開された写真の背景にはツアー・タイトルの文字が映し出され、その前にモノトーンの衣装を着て、目元を真っ黒に塗りつぶしたメンバーが立った写真は、モダンアートのポスターを連想させるような1枚に仕上がっている。 ビジュアルとタイポグラフィーをモノトーンで融合させ、背景とメンバーが溶け合って一つの世界観を作り出しているこの写真のコンセプトは、新しいツアーを予告させている。合成ではなく、プロジェクターで文字を背景に投影して撮影されたこの写真のように、今回のツアーはプロジェクターを大胆に導入。背景に映し出されていく映像とメンバーの演奏で、次々と楽曲の世界観を作り上げていくものになるという。 バンド復活以降、照明メインでどんどんアグレッシブなライブ・パフォーマンスへとシフトしていったBAROQUEとしては、かなり新しい方向へと振り切ったツアーになることは間違いない。そんな彼らを支えるツアー・メンバーも辺見“Emiri”直義(Manipulator)以外、このタイミングで一新する。今回初共演のTOKIE(B)、久々の顔合わせとなるかどしゅんたろう(Ds)が新メンバーとして参加。 特に、バンド史上初めてステージに女性がいるBAROQUEは、見た目だけでも新しいインパクトを与えるはず。こうして、2人体制になったニューBAROQUEを能動的に動かし始めたメンバーから、こんな嬉しい報告も到着。 「“まだ新曲出さないの?”って事務所やファンにもいわれてきたけど。さっきも圭から新曲が届いたばかりなんだ(笑顔)。いまはバンドの歌詞書くのがすっごい楽しい時期。ツアーでは新曲2曲はいけるんじゃない?」(怜) 「数曲いけるかも。俺が頑張れば(笑)。復活して以降のBAROQUEは過去のオマージュ的なものをやってきたけど、新曲は自分の魂から出た音楽。いまは同じバンド名でもそこから形を変えて新しいアーティストを生む覚悟でこのBAROQUEやってるから。早くステージで新しいBAROQUEを試してみたい」(圭)ニューBAROQUEが新曲を公開するツアーは6月終盤まで続く。 【人気記事ランキング】☆松井玲奈「乃木坂46とAKBグループは別物」☆特別車両「モーニング娘。‘14号」運行!メンバーオリジナル車内アナウンスも□2.5次元コスプレダンスユニット「アルスマグナ」がメジャーデビュー