石月努 with (K)NIGHtribeの初ライヴは「白盤」「黒盤」
2012年9月、ソロアーティストとして再始動してから約1年半。驚異的なペースで作品をリリースしている石月努。 4月1日に2枚同時リリースした『WHITE DISC【白盤】』『BLACK DISC【黒盤】』もタイトルが示すように、2枚の作品が対になっているという意欲作だ。また本作品から再始動以降、石月をサポートしてきたメンバー3人が“石月努 with (K)NIGHtribe”という名で正式にサポートチーム(バンド)となった。 その石月努 with (K)NIGHtribe名義としての初ライヴが5月5日、6日の2日間、東京キネマ倶楽部にて行われた。1日目の5日が「白ノ夜」。2日目の6日が「黒ノ夜」と音源【白盤】、【黒盤】とリンクするというコンセプトとなっている。早速この“白”と“黒”の2daysライヴをレポートしよう。 【5月5日「白ノ夜」】定刻の17時。【白盤】に収録されているインストナンバー『白孔雀の湖』が会場に流れる。緩やかにフィルターが開いてゆくシンセサイザーが奏でるコードが不思議な浮遊感を醸し出す中、突然ステージが明転。ステージにギターの桜村眞、ドラムスのLEVIN、ベースのSato、そして石月努が白を基調としたスタイリングでステージに姿を表す。そしてオープニングSE「白孔雀の湖」のリフレインが突然カットアウトし、ほんの短い空白の後LEVINが4つのカウントを刻む。石月努 with (K)NIGHtribeの初ライヴのスタートだ。1曲目はアルバム【白盤】のオープニングナンバーでもある『メロス』。疾走感の溢れる超ポジティブソング。サビで石月が紡ぎだすメロディーにハーモニーをつける桜村。アウトロのギター・ソロに行く直前「行くぞ!」とばかりに桜村がSatoにアイコンタクトする。ライヴ初見参であるこの曲をプレイする4人に気負いはない。すでに(K)NIGHtribeは十二分にこの“白ノ夜”を楽しんでいるようだ。 間髪を入れず始まった『Parade』ではイントロのリフレイン“Rock’n’Roll it Alive Forever”を石月努 とオーディエンスが一体となってコールする。続く『I.S.』は石月の解釈によるファンキーミュージック。リズムの基本は横揺れのファンクだが (K)NIGHtribeのロックなグルーヴと相まって、また新しいカタチを創造している。 ライティングが逆光となり、ステージの4人が深い影となる中、音源未発表曲『オーロラ』の艶やかなイントロが始まる。この視覚と聴覚のコントラストを活かした演出の妙が憎い。そして、艶やかなイントロから一転、Aメロでは桜村のアルペジオにのせて、言葉を噛み締めるように歌う石月。「情報の中の想像で僕等生きてる。現実の姿は全く違うものなのかも」。このリアルなメッセージにオーディエンスも一瞬息をのむ。「白ノ夜にようこそ!」。白ノ夜の石月の第一声はこんなシンプルな言葉から始まった。そして少し間を置いて“石月努 with (K)NIGHtribeです”と今夜のライヴがバンドとしての初ライヴである事をオーディエンスに告げると会場からは大きな歓声があがる。MCを挟んで、石月の体の一部といってもいい、優しいバラード『ありがとう。』『your song』の二曲を続けて披露。(K)NIGHtribeがサポールするアンサンブルは音源よりも、さらにシンプルで石月の紡ぎだす言葉がより際立って伝わってくる。 メンバー紹介に続いて、桜村の掻きむしるようなギターリフに導かれて【白盤】に収録されている「桜ノ蕾」をプレイ。“桜咲けばもう一度君に会える”と最後のサビでは石月とオーディエンスの声が重なり合って1つの塊となり会場にこだまする。陰と陽を合わせ持つ、デリケートなこの曲を4人はライヴでも見事に体現してくれた。 続くパートでは『I BELIEVE』『青ノ翼』『SNIPER』と立て続けにジャンプナンバーを披露。このマゾヒズムなセットリストに石月の額に汗が滲む。石月は激しく煽りながらもオーディエンスに目線を合わせて、丁寧に言葉を紡いでゆく。 “再始動のきっかけになった曲です”という石月のMCに続いて演奏されたのは『365の奇跡』。“365の奇跡を君と共にみつけたいよ”と歌うメッセージは先の震災を憂いて再び音楽家として歩んでいく道を選んだ、石月の決意表明の作品だ。 「まだ、まだ、今日は終わらないぜ、みんなで白くなれますか! 白ノ夜いくぜ! もっと!」。【白盤】の2曲目に収録されている『SWEET PAIN』のギターリフがスタートする。石月の挑発に拳を突き上げて応えるオーディエンス。そのオーディエンスの熱がまたステージの4人にフィードバックする。そうして、個々の熱が会場中に連鎖し、ループを作ってゆく。アガりきったテンションはそう簡単には下がりはしない。石月のライヴでのキラーチューンである『Shang―Hi―Baby』『LOVELESS』を畳み掛けるようにプレイし、一度この日の幕は閉じた。熱いオーディエンスのリクエストに応えて再びステージに姿を表した4人。アンコール1曲目は『Re:BIRTH』。“恐れないで 迷わないで 言葉の数だけ無限に繋がっていく”というポジティブなメッセージはこの夜のオープニングナンバーである『メロス』とリンクするようなイメージ且つ“白ノ夜”を総括するようなチューンだ。 そしてオーラスは【黒盤】に収録の「ADDICT」。この完全無欠のロックナンバーでは石月、LEVIN、桜村、Satoの4人がキッズの頃から、体に染み付いているであろう8ビートをそのまま吐き出す。『白ノ夜』のラスト・ナンバーにあえて【黒盤】に収録されている『ADDICT』をチョイスすることにより、明日の「黒ノ夜」に含みを残しつつ、1日目の「白ノ夜」は幕を閉じた。(TEXT/ぽっくん、写真/青木早霞(PROGRESS-M Co.,Ltd)) ☆石月努の楽曲を買うなら【必読!今話題の記事】☆TAKEROCK FESに後藤まりこが緊急参戦☆L’Arc~en~Ciel国立LIVEのフラッグが手に入る!?□元FANATIC ◇ CRISIS石月努ツアーファイナル赤坂BLITZで22曲