「詩のボクシング全国大会」でアーバンギャルド松永天馬が優勝の快挙
「アーバンギャルド」のボーカル松永天馬が5月24日に北海道湧別町で開かれた「選抜式 詩のボクシング全国大会」で優勝した。 「詩のボクシング全国大会」とは、ボクシングのリングに見立てたステージの上で自作の詩を表現し、聴衆の心にどれだけ届くかを対戦形式で競い合うというもので1997年から開かれているイベント。 松永は、詩を書かせたり大自然の大いなる力を神様と見立て、アーバンギャルドの歌詞世界にも通じる独特な世界観で対戦相手、観客を魅了した。 松永コメント「詩のボクシングは僕にとって、自己表現の原体験の場でした。時に語り、叫び、動き、歌った経験は、全て音楽の活動に生きています。これからも謙虚に頑張ります。死ぬまで作りつづけます。」 ライブもFLOPPY、THE ポッシボー、LinQ、DOMINO88らと多ジャンルのアーティストとの共演が決まっている。また、6月28日には、cali≠gariと2マンライブを日比谷野音で行うのでこちらも注目である。そして7月から全国ツアーと、この夏は病みにまみれたアーバンギャルドから目が離せません!(写真/動画資料提供:日本朗読ボクシング協会) ☆アーバンギャルド奇天烈最高な楽曲はクリック【見ないと遅れる】☆岡崎のリアル「けいおん」バンドSplit BoBとは?☆東方神起、東京ドーム公演で22万人熱狂!□AKB、ももクロ…アイドルがいまでも被災地に行く理由☆GLAY20周年デビュー日に東北六魂祭で6000人フリーライブを決行