菊池桃子が鈴木おさむ演出コンサートでサプライズ連発
菊池桃子が単独ソロコンサートとしては27年ぶりに2014年5月24日(土)・25日(日)ステラボールにてコンサートを開催した。 2日間3公演で観客は2150人を動員。25日夜公演は全公演最多の750人が集まった。歌手デビュー30周年イヤーの集大成、当時の「少年」「少女」達が待ちに待った奇跡のステージがそこにはあった。ステージ演出は、少年時代、ファンクラブに入っていたという演出家・鈴木おさむが担当。オープニングは、よゑこ・濱口優が菊池桃子ファンであるサラリーマンに扮したコミカルなVTRからスタート。 濱口が「Momoko」コールをあおると、客席はこれから始まる「奇跡」に胸が高まる。 観客のボルテージが最高潮に達したところ、ステージ正面の「桃缶」から菊池桃子が登場し、1曲目は30周年記念アルバムの為に書き下ろした、鈴木おさむ作詞・つんく作曲による『青春ラブレター』からスタート。純白のドレスに身を包んだ、当時と変わらない『フェアリーの微笑み』に客席から歓喜の声があがる。 「長いこと歌う事をやっていなくてごめんなさい(笑)。歌手・菊池桃子は27年間冷凍庫で保存されていました。今日はみなさんでどうか私のことを解凍してください。今日は皆さんで歌って、昔の事を思い出したり、楽しみましょう!」というMCの後には、『Say Yes!』『夏色片想い』『Broken Sunset』の3曲を新たなアレンジで楽しませる。 「桃子セレクションメドレー」では、ファンからのリクエストが多かった『MAY SICK』『Dear Children』『Tomorrow』『Dreamin Rider』『Deja vu』の5曲を披露し、改めてアイドル時代の楽曲クオリティの高さを思い知る。 アルバム『OCEAN SIDE』からの表題曲『Ocean Side』では、リラックスした表情で可愛らしく歌う菊池が新たな魅力をみせる。 ステージ中盤、豪華芸能人からの30周年お祝いコメントでも楽しませる演出は、人気バラエティ番組を数多く手掛ける鈴木おさむならではと言えよう。アイドル時代から大ファンだというキャイ~ン天野ひろゆき、松岡充などからの意外なエピソードに驚きつつ、当時聞きたかったけど聞けなかったファンならではの質問コーナーに菊池が答える一幕も。お祝いコメントのラストは、歌番組のMCとして当日の菊池をよく知る黒柳徹子が登場!「ザ・ベストテン」お馴染みのドラムロールから「もう逢えないかもしれない」のイントロが流れ出す演出は、ファンならずともにやけてしまう演出である。懐かしい「テラ戦士Ψボーイ」の映像が流れると、ファンからは盛大な拍手と歓喜に包まれ、主題歌『BOYのテーマ』へ続く。ここからは淡いピンクのロングドレスに着替えた菊池が、エレピに座り、鍵盤を弾きながら、観客と掛け合うおちゃめな場面も。 『アイドルを探せ』『愛は心の仕事です』『I WILL』…伝説のラム―時代の楽曲が、ちょっぴり飛び出すなど、コンサート後半戦への期待が否応にも高まる。 ここからは後半戦へ突入。アイドル時代の楽曲で息つく暇もなくときめく。『卒業―GRADUATION―』『雪に書いたLOVE LETTER』『SUMMER EYES』、30年前のデビュー曲『青春のいじわる』と、観客一人一人の甘酸っぱい思い出と同時に本編は終了。 アンコールでは「桃缶」Tシャツに着替えた菊池が、『Say Yes!』を原曲アレンジで、振り付きで熱唱すると、観客との一体感はMAXに!観客の誰もがキラキラとした、「少年」「少女」に戻っていた。 「お仕事の事とか家族の事とか忘れちゃってますか?たまにはいいですよね?(笑)大人になって悩んだり苦しかったりつらいこともあるかと思います。でも今日みんなで一緒に楽しんだこの気持ち、パワーにして明日からも頑張ってください!心から応援しています!最後に私からの青春ラブレター、皆さんに届きますように!」のメッセージの後には、最後の曲となる新曲『青春ラブレター』で幕を閉じ、少女の時と変わらない菊池が「またね!」とステージを去る。 現在から過去へとタイムスリップするような、時代をさかのぼるセットリストの演出も、菊池からファンへの「青春ラブレター」だということを観客たちは気づいていただろうか。会場全体が30年前にタイムスリップしたそんな二時間だった。(Photo by hajiem kamiiisaka) ※X21楽曲はクリックでチェック!※【見ないと遅れる】☆川栄李奈泣きすぎて「かわえいりさ…です」☆後藤まりこ「半分も売れてない」AXワンマンどうなった?□AKB、ももクロ…アイドルがいまでも被災地に行く理由☆アジア各国のテレビで放送禁止!GLAY新作MVが話題沸騰