GLAY20周年デビュー日に東北六魂祭で6000人フリーライブを決行
5月25日にデビュー20周年を迎えたGLAY。 9月20日にはひとめぼれスタジアム宮城にて10年振りとなる大型野外ライブ「GLAY EXPO 2014 TOHOKU」の開催も決定している彼らが、以前よりコラボレーションを発表していた東北六魂祭とタッグを組んだ「六魂 Fes!× GLAY Special Live powered by Benefit one」をデビュー日当日である5月25日に開催した。 会場は山形市霞城公園内市営野球場にて開催され、当日は六魂祭のパレード出演者、山形県在住の被災し仮設住宅で暮らしている人々や、山形県内の小中学生、GLAY ファンクラブで東北地方在住の方など中心に6000人が無料招待された。GLAYメンバーが4人揃って東北でフリーライブを行うのは今回が初。 また当日会場に来れない方々にもライブを観てもらいたいというメンバーの強い意向から、当日のライブの模様はニコニコ生放送にて同時中継がされ、累計31万人の視聴者数となった。冒頭TERUから「東北六魂楽しんでるかー?俺たちのライブでもっと盛り上がって行こうぜ!ここ東北にもっともっと沢山の夢を届けられる歌を届けたいと思います!」と『BEAUTIFUL DREAMER』からライブスタート。続けて『AMERICAN INNOVATION』が始まると6000人のオーディエンスが一斉にタオルを振り回し、曲中に「山形―!盛り上がってるかー!」とTERU が叫ぶと一気に盛り上がった。 「5月25日を持って20周年を迎えましたGLAYです。まさか20周年のまさしく今日、こんなにも沢山の方々と過ごせるなんて夢にも思って いませんでした。僕らはデビューして20周年ですけど、東北六魂祭は4周年。まだまだ沢山の夢を掲げて5周年10周年20周年と、皆様の心と気持ちで、東北の 最高祭にしてほしいと思っております。」とTERUのMCが。 その後、『SOUL LOVE』『春を愛する人』『HOWEVER』とGLAY人気曲を立て続けに披露。 「GLAYといえば白と黒、ポップとロックという事で、ロックナンバーも持ってきました」と、ライブでは定番のアッパーなロックナンバー『everKrack』『CRAZY DANCE』『彼女の”Modern…”』を3曲続けて披露。 「東北の皆さん、六魂祭の皆さん素晴らしい時間をありがとうございました。」と話し、本編の最後には「GLAY EXPO 2014 TOHOKU」の公式テーマソングでもあるTERU作詞・作曲楽曲の『BLEEZE』も初披露された。 アンコールで再び登場すると、「この東北にこの歌をずっとずっと届けたかったです。この曲のテーマ「生きてく強さ」という言葉を胸に頑張って 下さい。」と話し、『生きてく強さ』を披露し、ライブは終了しました。 『BLEEZE』は記念すべき50枚目のシングルの表題曲として7月9日のリリースが決定しており、今回のシングルはメンバー4人それぞれが 書き下ろした楽曲が収録される。タイトルは「BLEEZE ~G4・Ⅲ~」。表題曲である『BLEEZE』はGLAY EXPOのテーマソングに相応しい「夏」というキーワードにぴったりな爽快なロックナンバーで、ライブの新定番ソングになるであろう新たな歴史のスタート 感じさせる楽曲。TAKURO 作詞・作曲の『外灘SAPPHIRE』はドラマーに村石雅行を迎え、オリエンタルな雰囲気が漂う、妖艶なミドルロックチューン。HISASHI 作詞・作曲の『黒く塗れ!』はドラマーにピエール中野 (凛として時雨) を迎え、HISASHI 節炸裂の、ソリッドなギターが印象的な疾走ナンバー。JIRO 作詞・作曲の『YOU』もドラマーにピエール中野氏 (凛として時雨) を迎え、温かな歌詞とアコースティックなサウンドが印象的なバラード。全楽曲、亀田誠治プロデュースの元、4人の個性が詰まったアニバーサリーに相応しい豪華シングルが完成した。また六魂祭会場に今人気活躍中のモデルのIVANが現れ六魂祭やGLAYのライブパフォーマンスをIVAN目線で徹底レポートを行った。この模様はCD+DVD盤の特典映像に「IVAN による東北六魂祭 in 山形 DOCUMENT&LIVE」として収録される。 ☆GLAY楽曲配信中☆六魂Fes!×GLAYスペシャルライブ中継【見ないと遅れる】☆川栄李奈泣きすぎて「かわえいりさ…です」☆後藤まりこ「半分も売れてない」AXワンマンどうなった?□AKB、ももクロ…アイドルがいまでも被災地に行く理由☆アジア各国のテレビで放送禁止!GLAY新作MVが話題沸騰