DOG inThePWO「渋公ライヴDVD」初回限定超特盛盤は4時間超え
元日に結成5周年を迎え、初のベストアルバム『DOG inTheBEST』をリリースしたDOG inTheパラレルワールドオーケストラ。 ベストアルバムをひっさげ行なわれた全国ワンマンツアーは、3月1日に「忠犬渋公」と題された渋谷公会堂公演でツアーファイナルを迎え、大盛況のうちに終了した。その渋谷公会堂公演は、5月28日に初のライブDVD作品【ワンマンTOUR 2014 DOG in JAPAN FINAL「忠犬渋公」】としてリリースされるが、本日ジャケット写真が解禁され、2枚組仕様の【初回限定超特盛盤】の[超特盛ボーナスDisc]の内容も明らかになった。 【初回限定超特盛盤】の[超特盛ボーナスDisc]には、日本縦断のツアーロードムービー「ONEMAN TOUR 2014 DOG in JAPAN ~many many DIARY~」。この特典DVDの為に準々が書き下ろしたオリジナル真剣ソングを新キャラクターでガチ披露する「DOGタン 第1回 ガチ歌選手権」。3月1日『忠犬渋公』の当日のオフショットや舞台裏、パンフレット撮影の模様などを収録した「making of 忠犬渋公」。メンバーが食事をしながら、『忠犬渋公』を振り返る「ご褒美★レストラン」など、総収録時間はなんと2枚合計257分、4時間超えの大ボリュームとなっていることが判明! さらに32ページにおよぶ豪華ライブフォトブックレットには全曲も歌詞も掲載され、当日のライブ写真もふんだんに使用されている。 デビューから、DOG inTheパラレルワールドオーケストラを取材し続けてきた音楽ライターの清水素子氏は、このDVDの見どころを次のように語っている。 「5周年記念の渋谷公会堂ワンマンは、かねてから5人の念願だったステージだけに、全てにおいて集大成と言えるライブだった。誰もが心トキメくキャッチーな楽曲たちを、夢への道のりを辿るメッセージに重ねて、最高に楽しくて最高に幸せな空間を創造。ダイナミックな映像とのコラボレーションや5人でマイクを握るシーン等、DOGらしいハチャメチャな演出も満載で、その行き過ぎたテンコ盛り加減は彼らの大きな魅力でもある。待望の初ライブDVDも例外ではなく、ライブをフルで収録のうえ、注目すべきがメンバーも“とにかくスゴい!”と口を揃える初回限定超特盛盤だ。感動の舞台裏を明かすバラエティ豊かな特典映像が並び、中でも“ガチ歌選手権”は必見。数々の名曲を生み出す一方、これまでもMCシュガー等の謎キャラで我々を抱腹絶倒させてきた天才コンポーザー・準々が、果たして今度はどんな才能の無駄遣いをしてくれるのだろうか?5周年に掲げた“5つの約束”も2つが未発表だが、これまでも道なき道を涙隠して笑顔で切り拓いてきた彼らのこと、予想を裏切り期待に応える景色を、きっと我々に見せてくれるはずだ」 5月9日からは、ソールドアウト続出の裏ベスト的選曲によるワンマンTOUR 2014『裏DOG in JAPAN』もスタート。6月6日には豪華対バンを招きTSUTAYA O-EASTにて主催イベント『裏犬小屋』を開催し、7月23日にはニューシングル『魁!!祭izm』のリリースも決定しているDOG inTheパラレルワールドオーケストラから、この夏も目が離せない! 【話題すぎ瞬間ランキング】【AKBチーム8初ステージで「ラブラドール・レトリバー」センターは下青木】【aiko新曲「明日の歌」が5月12日初オンエア決定】【TVアニメ「黒執事Book of Circus」OPにシド新曲が決定】【MUCC対バンにゴールデンボンバー、氣志團、シド!】