新チームK「RESET」公演に山本彩、松井珠理奈が登場!
5月7日(水)大組閣によって誕生した新チームKが「RESET」公演をスタートした。 NMB48チームNと兼任の山本彩をはじめ、SKE48チームSと兼任の松井珠理奈、HKT48チームHと兼任の兒玉遥も出演した。「RESET」は2010年から披露されていたチームK6th公演。その後、2012年AKB48研究生が、2013年はSKE48チームS4th公演としても行ってきた。 新チームKの「RESET」公演初日をもって、AKB48の全チームが初日を迎えることとなった。横山由依キャプテンのもと、SKE48チームS松井珠理奈、NMB48チームN山本彩、HKT48チームH兒玉遥と、各グループを代表するチームのセンターを担うメンバーが集まった新生横山チームK。メンバーそれぞれが魅力全開で披露したパフォーマンスは、1曲目『RESET』から圧倒的な迫力。 『ウッホウッホホ』では、ゴリラ役をキャプテン横山由依が担当。ゴリラの動画を沢山見て学んだというだけあって、造形模写は完璧。冒頭の挨拶では兼任メンバーがそれぞれ個性を発揮。松井珠理奈は自身の同演目出演経験も振り返りつつ、「今日も一日がんばリセットー!」とダジャレを。山本彩は久しぶりのAKB48劇場で緊張していると話つつ「脱!借りネコ宣言」を。兒玉は「このチームKはいいチームになるん◎△●×▽・・・」と相変わらずの滑舌で場内を沸かせた。ユニット曲冒頭3曲は、兼任メンバーがそれぞれセンターを務め、『制服のレジスタンス』での山本彩はダンスの正確さと表現力の高さで見るものを釘づけに。『奇跡は間に合わない』ではマニッシュに決めた兒玉遥が切ない恋心を、『逆転王子様』では珠理奈が赤いチェックの可愛い衣裳で恋する乙女心を表現。そして『心の端のソファー』では小嶋真子がとびきりの笑顔で会場をほっこりした雰囲気で包んだ。 アンコール明けの挨拶では、横山チームKの初日を迎えたキャプテン横山由依が「新しいチームKはアットホームなチームしたいと思います。みんなが他の仕事や活動をしている中で、戻ってきたら落ち着けるようなチームにしたいです。」と意気込みを語り、最後の曲『引っ越しました』では感涙の表情を見せた。 【クリック!】ドワンゴジェイピーでAKB楽曲を聞く【話題すぎ瞬間ランキング】・道重さゆみが「モー娘。復活」にもたらした功績☆元モー娘。市井紗耶香がOFR48メンバーに!?☆スマイレージ田村芽実が話す「大親友・鈴木香音」と「モー娘。’14へのライバル心」□BiS階段「でんぱ組inc.武道館」裏で衝撃の解散ライブ 山本彩コメント(MC一部抜粋)「皆様今日はお集り頂きありがとうございます。今日はとにかくすごく緊張していたのですが、メンバーみんなもいい空気づくりをしてくれていたので心配はなかったのですが、私自身で不安なところもありましたが、皆さんが、声援だけでなくまなざしまで温かかったのが、胸に響いてすごくうれしかったです。これから公演の回数を重ねて行って、NMB48劇場だけでなく、このAKB劇場も私のホームとして大切にしていきたいと思います。みなさんこれからも宜しくお願いします。」