沢尻エリカ主演ドラマが「深夜の昼ドラ」と話題に
沢尻エリカ主演のフジテレビ系土曜ドラマ「ファースト・クラス」(土曜午後11時10分)がネットを中心に大きな反響を呼んでいる。 「私のほうが立場が上!」と言葉や態度で誇示することで、女性のリアルな生態を表す新語として注目されている「マウンティング女子」をテーマに、女同士の格付けバトルを題材にしたこのドラマ。ファッション誌編集部を舞台に、沢尻演じる主人公のインターン編集者が奮闘する姿が描かれるが、そのドロドロ感たるやまさに『深夜の昼ドラ』だ。ツイッターの反応を見てみても 「ドロドロ感半端ない」「リアル過ぎて恐い」「女の世界はすごいな~」などの反応が相次ぐ。またこのドラマのドロドロ感を出している要因のひとつが、女性キャスト達の「心の声」を、字幕などで巧みに表現しているところだ。「顔面偏差値は高いけど・・・」「いつか蹴落としてやるから」「カマかけてくるなんて、嫌らしい女だな」など、笑顔の裏でこんな心の本音が言われているのかと心配になってしまうようなセリフが並ぶ。 ネット上では、「これは深夜の昼ドラだ」と話題になっている。そんなネットでの反響が追い風となったのか、第1話が6・5%(4月19日放送)という低視聴率だったにも関わらず、第2話の視聴率が9・1%(4月26日放送)(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と脅威の2・6ポイントアップの結果となった。最近の連続ドラマは、1話の視聴率をピークに回を重ねるごとに下がっていく傾向が基本パターン。2話目から視聴率が上がるのは、異例の出来事である。5月3日に第3話の放送をひかえるドラマ「ファーストクラス」。沢尻エリカは、「深夜の昼ドラ」ヒロインとして、復活を遂げることが出来るのだろうか? 【見ないと遅れる】・Berryz工房新曲が衝撃的なタイトルに!☆いま観なければいけないバンド!Royzが語るLIVEとは☆AKBのLINE公式アカウントが2日で30万件突破□モー娘。’14道重に紅白歌合戦「最高の席で観てもらいたい」