マイケル・ジャクソンの未発表”新曲”全世界で解禁
5月2日13:00(日本時間)に米エピック・レコードとマイケル・ジャクソン・エステートによって、マイケル・ジャクソンの未発表”新曲”『ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド』が全世界で解禁された。 本楽曲は、日本で5月21日に発売となるマイケル・ジャクソン(以下マイケル)の全曲未発表のニュー・アルバム『XSCAPE(エスケイプ)』からの1stシングル。楽曲のプロデュースを務めたはマイケル自身、ジョン・マクレーン、ジォルジオ・トゥインフォート、そしてポール・アンカ。『XSCAPE』には1983年から1999年の間にレコーディングされたマイケル8曲の完全未発表曲を、世界を代表するプロデューサーたちが「コンテンポライズ(現代化)」したもの。 また、本楽曲をマイケルとジャスティン・ティンバーレイクが時空を超えてデュエットしたヴァージョンも解禁された。プロデュースを務めたのはジャスティン・ティンバーレイク、ティンバランド、そしてジェローム”J-Roc”ハーモン。このデュエット・バージョンは、『XSCAPE』のデラックス・エディションにのみ収録される。デラックス・エディションはスタンダード・エディションと共に、予約注文が開始されている。 『ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド』の原曲は、ポール・アンカと共に1983年にレコーディング/プロデュースされた。これは、『THIS IS IT』がレコーディングされていたのと同時期のことである。マイケル・ジャクソン・エステートにプロデューサーとして任命されたジョン・マクレーンとの魔法のような組み合わせによって、80年代初期のアナログ感あふれるサウンドを保持しながらも、最先端のディスコ・ソウルのテイストを共存させることに成功している。USA Today紙は、「オールドスクールな刻みと、跳びはねたくなるような温かいストリングスが、クインシー・ジョーンズ期のようなメロディーとリズムの衝撃を彷彿とさせる」と評した。 未体験の更なる頂点といえる『XSCAPE』は、エピック・レコード会長CEOのL.A.リードがエグゼクティブ・プロデューサーを務めた。リードが、マイケルの40年間分のアーカイヴ素材の中からキュレーションを行った曲目リストが現代を代表するプロデューサーたちのもとに届けられ、そしてそれらが、マイケルらしさを十分に備えた完全な作品として、同時に新鮮かつ現代的なサウンドとして完成させられたのである。アルバムのリード・プロデューサーであるティンバランドは、マイケル作品を手がけるのにふさわしい力量、深さ、幅広さを持ち合わせているとリードが判断した一握りのプロデューサーのうちの一人だった。そのほかには、ロドニー・ジャーキンス、スターゲイトといった世界的ヒットメーカー達や、ジェローム “Jロック” ハーモン、ジョン・マクレーンといった面々が顔をそろえている。 【見ないと、会話に遅れる】・NMB48劇場初登場の柏木由紀「AKB48劇場とは違う熱量」☆スマイレージ福田花音「道重さんの次のハロプロリーダーは清水佐紀さんがいい」☆アプガ仙石みなみ生誕祭でメンバーからドッキリパイ投げ!□人気V系バンドvistlip、ギルドが超会議で借り物競争!