NMB48劇場初登場の柏木由紀「AKB48劇場とは違う熱量」
NMB48劇場にて新チームNによる「ここにだって天使はいる」公演初日が行われた。 出演メンバーは、太田夢莉、柏木由紀、加藤夕夏、岸野里香、河野早紀、古賀成美、小谷里歩、上西恵、西村愛華、村重杏奈、室加奈子、山岸奈津美、山口夕輝、山本彩、與儀ケイラ、吉田朱里。大組閣にて兼任を発表された、柏木由紀(AKB48 チームB)、村重杏奈(HKT48 チームKⅣ)がNMB48劇場初出演を果たした。 柏木由紀は自己紹介で、握手会で多くのNMB48ファンが来ては、よろしくと言いにきてくれたことを報告。「ゆきりんワールド全開」の持ちフレーズを、吉田朱里に「あかりんワールド全開」と早速ネタにされ、大阪の洗礼を受けることに。 柏木由紀は、ユニットでも渡辺美優紀が行っていた『ジッパー』に出演し、渡辺とはまた違った魅力で会場を沸かせた。村重杏奈は、持ちギャグ「めんたいこ」の誕生秘話を話すなど、終始、二人共NMBに馴染んだ様子だった。 【柏木由紀コメント】「(NMB48劇場が)柱がなくって、立っているお客様もいらっしゃないのAKB48劇場と違うなって感じてすごくファンの方の熱量というか熱気が伝わってくる劇場だなと感じました。メンバーもすごくがむしゃらのメンバーばかりなので、とてもいい刺激を受けました。楽しかったです。」 【村重杏奈コメント】「リハーサルでうまくいかないこともいっぱいあって、本番が不安だったんですけどうまくいくことが出来て、うれしげでした。(※名字の「むらしげ」と「うれしい」の造語です。)」(C)NMB48 【クリック】NMB『高嶺の林檎』聞く【見ないと遅れる】・AKBがLINEとコラボで総選挙16位までスタンプに!☆ミュージシャンで一番の道重さゆみファン大森靖子が「想定の半年はやかった」☆モー娘。’14メンバーブログ更新で道重への思い語る□アプガ仙石みなみ生誕祭で吉川友がセクハラ暴走