乃木坂46松村、中田ニコ生「超会議出張」ゲストがアプガで過酷罰ゲーム
乃木坂46松村沙友理、中田花奈がMCを務める人気ニコニコ生放送「生のアイドルが好き」。 この番組が「超!生のアイドルが好き!」と題し、超会議3へ出張した。超!あえる!dwango.jp(生)ブース!からの公開生放送を実施。今回のゲストはアップアップガールズ(仮)(以下:アプガ)が登場した。 冒頭、乃木坂の二人だけで登場し中田花奈が「漫画」を本番前に読みユーザーへ伝わるように魅力を伝えるコーナー(ちなみにアンケートで説明がわかりづらいが7割だった…)や松村沙友理の公開懺悔など初めての公開生放送に緊張しながらも企画を元気にこなしていく。 そしてアプガの登場。普段の自己紹介に全て「超」を付ける超会議バージョンの自己紹介。仙石みなみと森咲樹だけ衣装が昔のバージョンなのだが、本番直前まで二人でマリオとルイージ(仙石みなみはイメージカラーが赤、森は緑なので)に扮して、超会議内を練り歩いて色々な企画をしていたという。 ここでユーザーからの質問に答えるコーナーをこなし、この番組名物の「対決」コーナーへ。超会議では大相撲が行われたが、その大相撲に習い「心技体」を競い合うバトルを3本勝負行うことに。 1本目は松村沙友理とアプガ・佐藤綾乃が対決。「小中学校レベルのクイズ」。計算問題や、群馬県の県庁所在地はどこ?などの質問に次々と答える松村沙友理。逆に、一問も答えられない佐藤綾乃。罰ゲームを受ける佐藤だが、すごく苦いお茶を一気飲みしもだえ苦しむも、時間がないとのことでスルーされる…。 そのまま、バットと卓球ラケットを使って、ボールを遠くへ飛ばす「ホームラン対決」へ。ここでも乃木坂からは松村沙友理、アプガは新井愛瞳が出陣。互いにいい勝負を繰り広げながらも、終盤、松村が放ったボールがまさかのブースの柵の上(3Mほどの高さ)に引っかかるという特大ホームランでこれも乃木坂が勝利。 ここで、2勝してしまったのでアプガの敗戦が決定!アプガには罰ゲームが待っているのだが、運ばれてきたのはカクテルグラスに目一杯入った「幼虫」…。「これ、ポンテギですね!」となぜか即答できる仙石みなみ。それもそのはず、アプガは数々の体を張った罰ゲームをいままでこなし、ゲテモノ食いも多数経験しているツワモノ。…のはずが、全員がやはりこのポンテギ喰いを嫌がる。 「罰ゲームは一人でいい」ということで、じゃんけんをするもなかなか決まらず、空気を読んだ佐藤綾乃が突然「わたしやります!」と手を上げ男気あふれる立候補を。しかし、松村沙友理に突然、「確か好きって言ってませんでしたっけ?」と無茶ぶりを始める。首を横に振り後ずさりしながら、今にも泣きそうな顔で拒否し続けるも、最終的には二人仲良くゲテモノ喰いをすることに!2連勝した張本人の松村は完全なトバッチリを受けるハメに。 しかし、何を考えたのか森咲樹が急に、「こうやって食べるんだよ!」とカクテルグラスをグイッと口に持って行き、数匹の幼虫を一気喰い!これには、乃木坂の2人だけでなく、アプガメンバーもみんな「気持ち悪い!」「臭いから寄らないで」とヒドい言葉を浴びせる。森咲樹、いったい何がしたかったのか? ☆『(仮)は返すぜ☆be your soul/Party! Party!/ジャンパー!』聞くならドワンゴで☆【話題すぎ瞬間ランキング】☆岡村隆史が超会議「超歌ってみた」に降臨☆私立恵比寿中学が超会議「超演奏してみた」に降臨□℃-uteがニコニコ超会議で異次元のLIVE披露・ニコニコ超会議3でM.S.S Projectイベントにふなっしー乱入! そして、大盛り上がりのうちにアプガの出番を終え、会場の閉館時間も迫り『蛍の光』が流れる中、急遽「しらほしなつみ」が登場!告知をしたいと言うのだが、条件があるとここでも、対決を仕掛ける乃木坂46。「セクシー対決」では、オッパイを寄せてアピール、「アニメポージング対決」も完璧にこなし、乃木坂を完封した、しらほしなつみが見事、告知枠をゲットして新曲のMVを流した。 公開生放送、しかも超会議という馴れない舞台でもシッカリと放送を終えた乃木坂46の2人。トークスキルがメキメキと上がっているところをファンに見せつけた!