ボブ・ディラン、ジャパン・ツアー全公演終了
3月31日から4月23日まで東京、札幌、名古屋、福岡、大阪と24日間5都市で17公演行われてきたボブ・ディラン日本公演が、4月23日Zepp Namba公演をもって遂に終了した。 最終公演では日本のファンの大歓声に対して、今回のツアーで初めて「トモダチ」と日本語で語りかけ、続けて「アリガトウ」とコメントした。観客は驚きと感激の大歓声で呼応。こんな素晴らしいライヴを魅せてくれたボブ・ディランに、日本からも心をこめて贈りたい―「アリガトウ。ボブ。トモダチより」。 この最終公演に合わせて、ボブ・ディランの1970年代の名盤が復活!1970年『セルフ・ポートレイト』から1979年『スロー・トレイン・カミング』まで1970年代に発表された14タイトルが、当時のLPを完全再現した紙ジャケット仕様で4月23日に発売された。なかでも1973年発表『ディラン』と『ビリー・ザ・キッド』、1976年発表『激しい雨』、1978年発表『武道館』は、今回が初紙ジャケ化、初リマスターとなる。4月22日付オリコン・デイリー・チャート(洋楽)では『ディラン』が4位、『激しい雨』6位、1978年発表『武道館』7位と、約40年前の作品がTOP10に3タイトル・チャート・インする快挙を成し遂げている。 1973年『ディラン』はボブ・ディラン本人の意向で長年にわたって再発が許可されなかった作品で、日本で発売されるのは約22年ぶりとなる。また、名曲『天国の扉』が収録されている『ビリー・ザ・キッド』は当時の日本盤初版LPに付いていた“全面帯”が復刻されている(CD内に封入)。今回発売される14タイトルのうち、3タイトルがライヴ盤。ボブ・ディラン初のライヴ盤『偉大なる復活』(バック・バンドを務めたのは、ザ・バンド)、ローリング・サンダー・レヴュー・ツアーの名ライヴ盤『激しい雨』、そして1978年の初来日公演の模様を収めた『武道館』の3タイトルだ。『武道館』は、当時日本盤初版LPについていた特典ポスターやブックレットまで復刻され、36年前の興奮が最新リマスター音源で再現されている。先日亡くなった、ルービン・ハリケーン・カーター(殺人の冤罪で投獄された黒人のプロ・ボクサー)の無実を訴えた名曲『ハリケーン』を収録した1975年発表の傑作『欲望』も今回リイッシューされている。 今年は、1年かけてボブ・ディランの全アルバムを復刻していく「神ジャケ復刻プロジェクト」が進行中。本プロジェクトでは、過去作品のオリジナルLPジャケットを復刻するのはもちろんのこと、帯、内袋、特典ポスターなどの他、US初版LPにのみ貼られていた告知ステッカーなど当時の付属物も再現している。音源は現段階での最新マスター使用の上高品質Blu-spec CD2仕様が採用され、パッケージも音もこだわりあげて日本の匠の技で仕上げた、入魂の特別仕様となっている。 来日に合わせた「ディラン祭!」として、3月26日に『ボブ・ディラン30周年記念コンサート』(Blu-ray Disc, DVD, CD)、『サイド・トラックス』(日本のみ単独CD化が許可されたレア音源集)、そして神ジャケ第一弾「DYLAN60’s」(1960年代に発表された10タイトルを紙ジャケ化+Blu-spec CD2仕様+新規ライナ/対訳付+おまけ付きで復刻)が発売されている。4月23日発売の神ジャケ第二弾「DYLAN70’s」とともに、詳細情報は「ディラン祭!」特設サイトで「おまけ」絵柄含めて見ることができる。 【話題すぎ瞬間ランキング】☆DIR EN GREY奇跡の武道館2DAYSを追体験!完全収録Blu-ray/DVD登場□ソロアイドルで革命を起こす!武藤彩未「10代のうちに武道館へ」・内田裕也29年ぶりシングルは指原莉乃とコラボ【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】