新体制HKTチームH「青春ガールズ」でファンもメンバーも「なこみく」に悶絶
新体制となったHKT48チームH「青春ガールズ」公演がスタートした。 この「青春ガールズ」公演は2006年7月よりAKB48チームK初のオリジナル公演としてAKB48劇場にてスタートし、その後、AKB48チームBの1st公演、NMB48チームNの2nd公演、NMB48研究生公演、そして2014年3月からはJKT48チームKIII 2nd公演でも行われている公演。 出演メンバーは告知を行わず、当日の発表というサプライズ感のあるもの。幕が開くと、メンバーの姿に大歓声が上がり、公演名でもある1曲目『青春ガールズ』からスタート。冒頭のMCでは、自己紹介とともに今日の意気込みを一人一人発表した。 チームHキャプテンの穴井千尋から「初日ということで20名全員で青春ガールズ公演を行います」と出演者の発表を行うと大歓声が起こる。 田島芽瑠は「今日は正規メンバーとしてステージに立つのが初めて」と嬉しさを噛みしめ、指原莉乃は「青春ガールズ公演、「青春」はとっくの昔に終わってるんですが、なこみく(最年少メンバー12歳:矢吹奈子・田中美久)と同世代の気持ちで」と意気込み、周りのメンバーからツッコミが入る場面も。滑舌が悪い兒玉遥は気合が入りすぎたのか「青春ガールズ」をさっそく「しぇいしゅん」と噛んでしまい、笑いを誘った。 その後、ユニット曲に移り、メンバーが動物の着ぐるみで登場する『雨の動物園』後のMCでは、ゾウに扮した最年少・矢吹奈子に「かわいいー」との歓声が。HKT48の“ボス”こと田中菜津美が「9割奈子しか見てない!」と憤り、指原に次ぐ19歳の坂口理子は「私が出てきたとき、すごい目で見られた」と恥ずかしそうに話すと、すかさず田中が「浮いてるよね。歳の差感じるよね」と冷たく返す。指原も矢吹の可愛さに、その後のMCで「かわいすぎてどこに感情ぶつけていいかわかんない」と話した。 そして、ドラフト生の山本茉央は本日が劇場公演デビュー(特別公演除く)。そんな山本へHKT48ならではの洗礼が。指原から「ものまねする?」と急に振られ、「初日だから滑ったら怖い」と言いつつも、メンバーのモノマネを披露。アンコールでは特別にセットリストに組み込まれた『HKT48』などを披露。キャプテンの穴井は最後の挨拶で「チームH20名、団結して素敵なチームを作っていきたい」と目標を掲げ、温かい拍手に包まれ、新チームHの初日公演は幕を閉じた。5月8日(木)には新チームKⅣの「シアターの女神」公演がスタートする。(C)AKS 【クリックでゲット!】HKT48楽曲!【話題すぎ瞬間ランキング】☆DIR EN GREY奇跡の武道館2DAYSを追体験!完全収録Blu-ray/DVD登場□ソロアイドルで革命を起こす!武藤彩未「10代のうちに武道館へ」・内田裕也29年ぶりシングルは指原莉乃とコラボ【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】