SKEチームS千秋楽は「チーム愛」
4月21日(月)、チームS「RESET」公演が千秋楽を迎えた。 昨年7月から開催されてきたチームS「RESET」公演が、さいたまスーパーアリーナ公演で発表された通り、千秋楽へ。「今日が千秋楽なんて、昨日の握手会でファンの方に聞くまで知らなかった…」と石田安奈がトークコーナーでびっくりのコメントをする場面もあったが、メンバーは千秋楽ということで幕開けから気合十分。トークではそれぞれがチームSへの愛やこれまでの思い出などを語り、パフォーマンスもいつもに増して激しく繰り広げた。 公演最後の曲『引っ越しました』の前には、松井珠理奈が「このチームSのことは絶対に忘れないで心の奥にしまっておいてほしいです」とファンへお願いをする場面も。他のメンバーも静かに頷き、チームSへの愛着と別れの淋しさをそれぞれの表情に滲ませていた。 また、大組閣祭りでAKB48チーム4への移籍が発表された木﨑ゆりあ、卒業を決意した出口陽にとってSKE48劇場に立つ最後の公演に。 ダブルアンコール明けには、チームSオリジナル公演曲『Innocence』が披露され、続けて、出口が「この曲を最後に」とリクエストした『この胸のバーコード』を珠理奈と大矢真那とのユニットでパフォーマンス。ラスト1曲を残すのみとなった時には、出口と同期の佐藤実絵子、ゆりあと同期の須田亜香里と木下有希子、そしてチームSからドラフトで指名された松本慈子もステージにサプライズで登場。最後は、チームSカラーのオレンジのペンライトに劇場が染め上げられる中、旅立つ同期や先輩との最後の時を惜しむように全員で『青空のそばにいて』を歌い上げ、現チームS最後の公演は幕を閉じた。新しいチームSのスタートとなる「制服の芽」公演は、今週25日(金)に初日の幕が上がる。 出口陽(SKE48を4月で卒業)「今日が卒業ということで全然まだ実感がなくて、1曲1曲終わる毎にこの曲踊るのもこれで最後なんだなって思ってもまだ実感がなくて…。1期生としてSKEに入って、同期の卒業も見送ってきたんですけど、自分の卒業は本当に実感がなくて。本当にこの6年間は嫌なこととか辛いこととかもいっぱいあったんですけど、今思うと楽しかったことばかりです。SKEに入っていなかたら、こんな素敵なメンバーに出会えなったし、こんな素敵なファンの皆さんに出会えることもなかったので、皆に出会えることが出来てよかったです。これからはSKEとしての私は終わってしまいますが、歌手になるという夢に向かって頑張ると決めたので皆さんとはこれでさよならじゃないし、絶対這い上がって皆さんの前に帰ってきたいと思うので、その時は笑顔で会いましょう。」(C)AKS 日本一のSKE記事!一気読み【クリック】SKE48楽曲を買う!【話題すぎ瞬間ランキング】☆地下アイドル仮面女子が乃木坂46番組で大暴れ!□乃木坂46が初の公開生放送でニコニコ超会議に初出演・中西智代梨HKT48涙のラストステージ【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】