川栄李奈泣きすぎて「かわえいりさ…です」
4月21日(月)、AKB48チームA千秋楽・ウェイティング公演が行われた。 大組閣によってSKE48に移籍が決まっている佐藤すみれの壮行会と、本日でAKB48を卒業する菊地あやかの卒業公演が行われた。2 月24 日(月)に行われたAKB48グループ大組閣祭りによって、全グループの現チームがそれぞれ千秋楽を迎 えた。今までAKB48劇場では、4 月15 日(火)に峯岸チーム4 千秋楽「手をつなぎながら」公演、4 月16 日(水)大島チームKの千秋楽「最終ベルが鳴る」公演を行い、本日4 月21 日(月)横山チームA千秋楽ウェイティング公演が行われ、併せて、大組閣祭りによってSKE48への移籍が発表された佐藤すみれを送る会と、先日AKB48からの卒業を発表した菊地あやかの卒業セレモニーが行われた。 冒頭挨拶ですでに泣きすぎて「・・・かわえいりさです」とグズグズの挨拶をした川栄李奈。「りさ?だれやねん?」とキャプテン横山がつっこみ、大泣きする川栄の肩を支えグダグダの川栄の自己紹介をフォロー。普段滅多に泣く事がないという入山杏奈や大島涼花も挨拶中に大泣きし、横山がキャプテンとしてメンバーに愛されていたことが感じられた。 アンコール後、全員がパジャマの衣裳の中、佐藤すみれと菊地あやかは白いドレスで登場し、サプライズで「すーあや」コンビでの『てもでもの涙』を披露。会場からの「すーあや」コールに包まれ「嬉しい!」と涙。そして最後の挨拶を終え舞台を去る際には「いってきまーす!」と笑顔を見せた2 人に、盛大な拍手が送られた。 佐藤すみれコメント (公演中のもの一部抜粋)「今日は皆さん沢山コールをしていただきありがとうございました。あやりんと一緒に最後の会を開いて頂いて本当に嬉しく思います。私はこの5年半、この劇場を大切に思ってきました。この劇場は自分が一番素直になれた場所でした。私がこの決断をできたのも、いつも応援してくださるファンの皆様とこのチームAのメンバーに支えられたからだと思っています。このチームAの個性の強いメンバーがいる中で、私も負けたくない、もっといろんなところで活躍したいと思ったから、SKE48への移籍を決意することができました。みなさんこれからも応援宜しくお願いします。そしてこの5 年半、AKB48としての佐藤すみれを応援してくださってありがとうございました。」(C)AKS 【クリック!】dwango.jpでAKB楽曲を聞く【話題すぎ瞬間ランキング】☆地下アイドル仮面女子が乃木坂46番組で大暴れ!□乃木坂46が初の公開生放送でニコニコ超会議に初出演・中西智代梨HKT48涙のラストステージ【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】