sakusakuMC「トミタ栞」新曲は大塚愛の初プロデュース作品
テレビ神奈川「sakusaku」MCも3年目に突入したトミタ栞。4月9日リリースされた2ndシングル『きらきら』がオリコンチャートにて自身最高位を記録するなか、早くも3rdシングルの発売が決定。 本日、ラゾーナ川崎でおこなわれた自身の2ndシングル発売イベントでトミタ本人の口から発表された。ニューシングルのタイトルは『HAPPY AND HAPPY』。サウンドプロデュースにシンガーソングライターの大塚 愛をむかえて制作され、作詞作曲ともに大塚による書き下ろし曲となっている。 事の経緯は、トミタ栞が生まれてはじめて、カラオケに行ったときに唄った曲が『さくらんぼ』だった、というエピソードから始まった。昨年末、大好評に幕を閉じたYouTubeでの新しい歌番組プロジェクト「WISH presents白黒歌合戦」でシンガーソングライターの大塚 愛と初共演を果たし意気投合する。「小さい頃からずっと、大塚さんの曲唄ってました!(トミタ栞)」「そうなの?唄ってくれるなら、新曲、書くよ!(大塚 愛)」と、恐縮しながら照れていたトミタだが、このたび実現する運びとになった。 今年、2月1日に横浜BayHallで行われた、20歳のバースデ-記念、ワンマンライブで、トミタ栞の音楽ヒストリーに欠くことのできない曲として、大塚愛の代表作『さくらんぼ』をカヴァーを披露。トミタ栞は今回の作品について「早くみなさんに聴いていただきたいです!」と喜んだ。さらに3rdシングルのカップリング曲も大型コラボレーションが進行しているとのこと。 【話題すぎ瞬間ランキング】☆地下アイドル仮面女子が乃木坂46番組で大暴れ!□乃木坂46が初の公開生放送でニコニコ超会議に初出演・中西智代梨HKT48涙のラストステージ【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】