エレカシ14年ぶりのドラマ主題歌決定
エレファントカシマシが、TBS系ドラマ月曜ミステリーシアター「ホライト・ラボ」主題歌を担当することが解った。 2000年ドラマ主題歌として発売された『so many people』以来、14年ぶりのドラマ主題歌となる。 「日本版CSI:科学捜査班」ともいえる、大人から子供まで興味を持てる今注目ジャンルの本格科学捜査ドラマで、主演を務めるのはTBS連ドラ初主演の北村一輝。ほかに、「人間嘘発見器」の異名をとる本田真幸役を谷原章介、元科捜研のエース・奥貫徹役を宮迫博之が演じ、このカッコいい科学オタクである3人がホワイト・ラボの中心メンバーとなる。また、ノンキャリアのたたき上げ刑事でこのラボの主任・神山恵子役に和久井映見、若きエリート分析官・山根武彦をHey!Say!JUMPの薮宏太が演じる。確かな演技力を持つ俳優たちが揃い、上質なドラマを固める。 主題歌に決定し出来上がった曲に、作詞・作曲のエレカシ宮本浩次から以下のコメントが届いた。 「“ヒューマンなラブソング”というリクエストをいただきました。そして色々考えてみると、確かに俺たち生きている人間はいつだって愛を求めて、光を求めて生きているということに気がつきました。この『Destiny』という曲に、そんな思いを込めて歌いました。ドラマ「ホワイト・ラボ」共々、みんなに愛される曲になってくれたらどんなに嬉しいだろう。」 ・エレファントカシマシの名曲!『悲しみの果て』そして新曲を聞くならドワンゴで!【リアルタイム人気記事】・BABYMETALが世界的フェス参戦!メタリカ、SLAYERと共演・M.S.S Projectが渋谷公会堂で前代未聞なLIVE!・リクアワHKT48の大躍進と松村香織、須田亜香里の奇跡☆川栄李奈「チャレンジユーキャン」衝撃の2回目添削課題結果は?