なぜ「清純フィロソフィー」が一位をとったのか?
「AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014」にて、全661曲の中から2014年度No.1になった楽曲が『清純フィロソフィー』。 AKB48の楽曲といえば、『ヘビーローテーション』『恋するフォーチュンクッキー』を思い浮かべるところだろが、なぜシングルでもないこの曲が一位を獲得したのか?その訳を、古参ヲタに話を聞いた。 「リクアワは始まった時から、それぞれのグループ、そしてチームのヲタ同士の「この曲を一位にしたい!」という熱意がぶつかりあうイベントになっている。『走れ!ペンギン』が一位を取った時も旧チーム4ヲタが票を集結させ、見事一位を獲得し伝説となった。今回の『清純フィロソフィー』も、投票の段階ではノーマークでしたが、大組閣もあったことで、このチーム4が観られなくなる、大舞台で見たい!というチーム4ヲタの熱い想いが票を集結させたんだと思います。」 今回は売上ではなく、総選挙と同じく得票で順位が決まった。だからこそ、ファンの熱意がダイレクトに伝わる結果となったようだ。 その他にも、代表的なシングル曲よりも、それぞれのグループ、チームのカップリング曲や公演曲がベスト50以内に多く入った。それぞれが熱意有る票を投じたからこそ、埋もれている名曲がさいたまスーパーアリーナという大舞台でパフォーマンスされた。AKBグループファンに取って、今年のリクアワも非常に有意義なイベントだったようだ。(C)AKS 【クリック!】dwango.jpでAKB楽曲を聞く【この記事、読まれてます】□HKT48史上最速SSAは「なこみく」人気が爆発!☆SKE新体制で魅せた覚醒の予感・篠崎愛、見るだけで…この水着ヤバい!【クリック】◆リクアワ2014で篠田麻里子本人が「上からマリコ」※リクアワ2014に前田敦子、板野友美登場!