AKB48チーム8注目は佐藤七海、永野芹佳
4月3日(木)お台場のメガウェブにて「TOYOTA×AKB48 Team 8プロジェクト発表会」が開催された。 このプロジェクトはTeam 8メンバーのサインが入ったコンセプトカー・アクアが全国各地の店舗を回るなど、Team 8メンバーとトヨタが共に地域を盛り上げる活動を展開していくという内容のもの。AKB48が新たなコンセプトとして「会いに行くアイドル」のコンセプトとして立ち上げたTeam 8。このスタンスがTOYOTAの「地域に根差したトヨタでありたい」という想いと合致し、今回のプロジェクトに至った。 そしてこの日、待望のTeam 8のメンバーが初お披露目とあいなった。体調不良で欠席となってしまった三重県の山本亜依を除く計46名が壇上に上がり、各々自己紹介をしていく。初舞台がこんな大きな記者会見となって、メンバーはみな緊張で顔がこわばりながらも元気に笑顔を振りまいた。 ここで、Team 8の活動概要が発表される。彼女らは1年を1学期、2学期、3学期と活動期間分けし、1学期は来月5月から全国20か所を巡るイベントを行い、夏には秋葉原のAKB48劇場で公演を開始するという運びなっているようだ。 ここでAKB48総監督・高橋みなみからのビデオコメントが彼女たちに届けられた。「私も劇場デビューに立った時は名前をちゃんと言えなかったなぁ。」と自らの過去を重ねつつ「Team 8の“会いに行く活動を”通じて全国の方に元気を届けてもらいたいです。一緒にステージに立てる日を楽しみにしてます!」と激励した。彼女の優しい言葉に少女たちは安堵の表情を浮かべていたのは言うまでもない。 ここで彼女らに向けインタビューが行われる。各地域のアピールポイントは?の質問に鹿児島県代表・下青木香鈴は「桜島の噴火も見られるし、食べ物がおいしいです」と語り、愛知県代表・藤村菜月「川がとてもきれいで、トヨタの車がたくさん走っているところです」と話し会場を沸かせた。目指す夢は何か?との問いに徳島県代表・濵松里緒菜は「得意な英語を使って、日本の文化をアピールしたい」と特技も絡め語り、千葉県代表・吉川七瀬は「Team 8だけで東京ドームのような場所で大きなコンサートを開きたいです!」と、まさしく彼女たちが目指していく大きな夢を語った。 46人もの美少女たちが集まる中、中でも目を引くメンバーを紹介したい。まず一人目は岩手県代表・佐藤七海。先輩でもある市川美織を髣髴とさせるふんわりとした容姿ながら、自己紹介で「あまちゃんには負けないべ!じぇじぇじぇ!」という発言でインパクトを与え、地元PRの際には「中尊寺やキレイな海がありますし、わんこソバが名物です!食べたことはないんですけど……食べるなら100杯目指したいです!」という言葉で笑いを起こした強心臓ぶりは異彩を放っていた。 そして、大阪府代表・永野芹佳はまるでハーフのような顔立ちの13歳。夢を聞かれ「マルチに活躍する有名人になりたいです。夢は世界です。」と大きな夢をスッと答える彼女の姿は、気品と強さを同時に感じられた。さらに、石川県代表・北玲名は比較的若いメンバーの中、18歳と少し大人。柔らかい印象を放ち立っているだけで絵になる美人の彼女がTeam 8の活動を通してどのように開花していくのか、注目したい。 【クリック!】dwango.jpでAKB楽曲を聞く【この記事、読まれてます】☆AKBが国立コンサートで求められるものは?□ノムさん仮面女子にエール「AKB48に負けるなよ」◆アプガ新曲は大森靖子とタッグで新境地「黒アプガ」・篠崎愛、見るだけで…この水着ヤバい!【クリック】△アイドルがノムさんに暴走お願い!「サッチーに内緒でキスして下さい」※V系に革命を起こす!Jin-Machine話題の新曲群の真相 インタビューが終わるとここでサプライズ発表。6月7日に開催される「AKB48 37thシングル選抜総選挙」に立候補が可能とのサプライズ発表が!このアナウンスにざわめくメンバーたち、結成間もない少女たちにとって衝撃なのは無理もない。だが、この中からチャンスを掴もうと飛び出すメンバーが表れるかと思うと期待が高まる。 最期はTeam 8のメンバーを代表して東京都代表・小栗有以が「私たちAKB48 Team 8は皆様の元に会いに行きます。一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします!」とわずか12歳ながら凛とした立ち振る舞いで決意表明を行った。続く壇上の全員からも「よろしくお願いいたします!」と力強い声が場内に響いた。 まだ、本格的に走り出したばかりの彼女たちだが、Team 8が国民的アイドルとして成長していくのはそう遠くはなさそうだ。全国に元気と笑顔を届けに行く彼女たちの姿に期待していきたい。