ポルノグラフィティがツアーファイナル公演でサプライズ発表
3月29日(土)「13thライヴサーキット “ラヴ・E・メール・フロム・1999”」のファイナルをマリンメッセ福岡で迎えたポルノグラフィティ。 今回のツアーは、15周年を記念して昨年11月にリリースし、オリコン1位にも輝いたシングルベストアルバム「PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary “ALL TIME SINGLES”」をひっさげたライヴとなっており、12月から全国11箇所16公演行われ、約15万5千人を動員した。約1万人を動員したファイナルの福岡では、13年にシングルとしてリリースした「青春花道」から始まり、「最初から飛ばしていくよ!」とのボーカル昭仁の掛け声とともに大ヒット曲『ミュージック・アワー』へ。 また、「15周年のアニバーサリーなので出来る限り多くの曲を聴いてもらいたい。1曲、1曲に皆さんの想い出を重ね合わせていってください。」と宣言し、ベストアルバムに収録された曲を中心に全24曲(中盤でのメドレー含む)を演奏。大ヒットチューンのオンパレードに、ファンは終始大満足している様子だった。 そして息をつく暇もなくポルノグラフィティからサプライズ発表が!ほっともっとフィールド神戸1Dayと横浜スタジアム2Daysでのライヴが発表され、会場は大きな歓声に包まれ狂喜乱舞!ボーカル昭仁は、「15周年の集大成として、一層輪をかけたような盛大なアニバーサリーを創り上げたい!」と、早くも次なるステップに向けて意気込んだ。 公演終盤、「今日まで15公演やってきたが、ここまで来てくれた皆さんがこの道を創り上げてくれた。だからこそこんな最高の最終日になったと思う。全国の皆さん本当にありがとう!」と、感謝の気持ちで全国11箇所16公演に渡るツアーを締めくくった。 【セットリスト】M1青春花道M2ミュージック・アワーM3オレ、天使M4ヒトリノ夜M5エピキュリアンM6サウダージM7東京デスティニーM8ルーズM9愛が呼ぶほうへM10瞬く星の下でM11サボテンM12ラックM13音のない森M14夕陽と星空と僕M15 Mugen~君は100%~ギフト~あなたがここにいたら~Love,too Death,too~幸せについて本気出して考えてみた~MugenM16アゲハ蝶M17Let’s go to the answerM18メリッサM19ハネウマライダーM20ひとひらM21アポロEN1マシンガントークEN2Sweet home ChicagoEN3 ジレンマ 【クリック!】dwango.jpでポルノグラフィティ楽曲を聞く【この記事、読まれてます】☆AKBが国立コンサートで求められるものは?◆スマイレージにつんく♂から超サプライズ!・篠崎愛、見るだけで…この水着ヤバい!【クリック】△指原AKB48国立コンサート客席から観覧!「大家でもいいや」【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】