大滝詠一「お別れ会」にはっぴいえんどメンバー、清水ミチコら参列
昨年12月30日に永眠した大滝詠一を偲び、3月21日に故人と生前縁の深かった著名人との「お別れ会」がSME乃木坂ビルにて執り行われた。 式典では1977年6月20日に渋谷公会堂で行われた「ザ・ファースト・ナイアガラ・ツアー」の模様など、大滝詠一を偲ぶ貴重なダイジェスト映像が約13分に渡って流され、参列者は大滝詠一の在りし日の姿を目に焼き付けた。参列に訪れたのは、はっぴいえんどのメンバーとして苦楽を共にした細野晴臣氏、松本隆氏、鈴木茂氏をはじめ佐野元春氏、杉真理氏、甲斐よしひろ氏、松たか子氏、佐野史郎氏ら250名の著名人・関係者。 はっぴいえんどの松本隆氏は、故人が亡くなった直後の自身のTwitterを引用しながら、1969年に初めて故人の家を訪ねた想い出を語り、鈴木茂氏は「ライブ会場の楽屋で、毎回新しいアレンジを考えてくる大滝さんとの対話は幸せな時間だった」と述べ、また最後に細野晴臣氏は「アルバムを作る度に“彼がどう聴くのだろう”ということを常に意識していた」など出席者代表としてそれぞれ弔辞を述べ、大滝詠一の音楽家としてのエピソードを語ると会場はしめやかな雰囲気に包まれた。 また故人が晩年、制作作業に多くの時間を費やしたレコーディングスタジオには、生前の華々しい功績を物語るゴールドディスクや数々の衣装、愛用のギターや機材、直筆の歌詞などの思い出の品が展示され、参列者はそれぞれに想いを馳せた。その後、1Fの特別会場に設置された一般追悼用の献花台にも多くのファンが参列し在りし日の故人を悼んだ。 ・大滝詠一楽曲買うなら【クリック】dwango.jp【必読!今話題の記事】▲大島優子、涙の「優魂」継承に松井珠理奈、武藤十夢が応える★西川貴教「イナズマロック フェス」開催を宣言・「究極のVメタルバンド」Jupiterとは?⇒篠崎愛、見るだけで…この水着ヤバい!【クリック】・【話題】モーニング娘。14記事一覧はクリック!