GACKT超サプライズ!中学卒業式で感動のLIVE
ミュージシャンのGACKTが3月14日、中学校の卒業式に突然参加するサプライズLIVEを行った。 この模様は「GACKTゲリラLIVE~日本のどこかから密着生放送~」としてニコニコ生放送で生中継され大きな話題となった。この日、混乱を避けるために直前までどこでLIVEをするかも発表されず、GACKTを支える、CHACHAMARU、YOUとともに、ワゴン車の中から中継をするというGACKTとしては珍しいスタイルで登場。しかも、サポートメンバーの二人にも、今回のLIVEの詳細が明かされていないことが判明。ほんとうの意味での、ゲリラLIVEとなった。 そして、LIVE場所が、徳島県にある「鳴門市第一中学校」の卒業式であると明かされ、卒業式会場の入口でスタンバイをするGACKTをカメラは映す。 「ボク達が影響力ある期間ってそんな長く無いじゃん。だから影響力があるうちにこういうことやらなきゃいけないんだ」と話すGACKT。「来年になったらみんなボクのこと忘れているかもしれないから」と冗談を言いながら笑うが、その顔はどこか不安気にも見えた。自分が突然卒業式に飛び込んで、受け入れられるのだろうか?そんな気持ちがGACKTの中にあったのかもしれない。 そして、卒業式の終盤、後ろの扉から現れたGACKTに大歓声が上がる。突然のGACKTの登場にざわめき驚く生徒たち。今回、この「鳴門市第一中学校」の卒業式を選んだ理由を、ひとりの男子生徒からの手紙で決断したと話し、「約束は守ったからな」と熱いまなざしでその男子生徒を見つめるGACKT。男子生徒も突然の訪問に驚きながらも深々とお辞儀をし、GACKTと中学生達との心が一つになった瞬間だった。 LIVEはアコースティックギターを使ったアンプラグドなもので、「夢を叶えること、それは強い意志を貫くこと」というキャッチコピーのついたGACKTの名曲『野に咲く花のように』を熱唱。かけていたサングラスを外し、真っ直ぐな目で中学生たちに訴えかけるように歌うGACKTの姿が印象的だった。GACKTは人生の先輩として、「夢は見るものじゃない、夢は叶えるもの、夢をかなえること…それは、強い意志を貫くこと。これからの君たちの未来に期待します!卒業おめでとう」と言葉を残し、ステージから降りた。花道を帰る途中、手紙を送った生徒がGACKTへ駆け寄り、熱い抱擁をする二人。少年少女の心に、GACKTのサプライズ訪問で伝えたかったことがしっかりと届いたように見られた。また、来年もGACKTのサプライズ訪問が期待される。 ・GACKTの名曲『野に咲く花のように』dwango.jpで!【クリック】GACKTゲリラLIVE~日本のどこかから密着生放送~※2014年6月12日まで視聴可能です。