BUMP OF CHICKEN世界初「初音ミクとのリアルタイム共演」
BUMP OF CHICKENのニューアルバム『RAY』のリード曲『ray』に関して、彼ら初の試みである初音ミクとのスペシャルVer.と、そのプロモーションビデオを制作。 コラボレーションPVの制作は、数々の初音ミクアートやファッションとの斬新なコラボレーションを実現してきた新鋭クリエイティブカンパニー、A4A(エー・フォー・エー)の東市氏が担当し、全面プロデュース。世界初の“初音ミクとのリアルタイム共演”を実現。 初音ミクとのコラボレーション曲である『ray』はBUMP OF CHICKEN としては初のコラボレーション楽曲で、制作においては、メロディ、歌詞、アレンジなどで新たなアプローチが取り入れられている。 『ray』のPVではCG合成ではなく、BUMP OF CHICKENと初音ミクが同じ空間に立ち、撮影に挑むという世界初の「リアルタイムでの共演」を果たす。この撮影のために、クリプトン・フューチャー・メディア社は「14(イチヨン)モデル」という新たな3DCG モデルの初音ミクを制作した。果たして、完成するPVはどうなるのか? ・BUMP OF CHICKENニューアルバム『RAY』聞くならクリック!【今話題!】モーニング娘。14記事一覧はクリック!【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】・篠崎愛、見るだけで…この水着ヤバい!【クリック】