さくら学院新曲映像特典で普段見られない姿も
さくら学院の“一年間”を記録したアルバム『さくら学院 2013年度 ~絆~』が、3月12日にリリースされる。 開校以来、4作目となるアルバムには、これまでと同様に〈さ盤〉〈く盤〉〈ら盤〉と銘打った初回限定盤が用意され、各盤にはMUSIC VIDEOに加え、生徒たちの成長ぶりが窺える楽しい映像が収録されている。 〈さ盤〉に収められているのは、題して「さくら学院が一流ダンサーと夢のコラボ!…のはずがまさかの大パニック!の巻」。名だたるアーティストを手掛けてきたというNYのダンサーが、さくら学院に極意を伝授!そして、毎年恒例の学年末テストも。寧々どんの4連覇なるか!?〈く盤〉には「クイズ! さくら学院を一番愛しているのは誰だ!?」を収録。4つのチームに分かれ、この一年のトピックを振り返りながら、当の本人たちも思い出せないぐらいカルトな問題を出題。ライヴのリハーサルやレコーディング風景など、普段見られない生徒たちの姿も観られる一作。 〈ら盤〉には「LIVE “Thank you! Oh my friend”」を収録。臨時生徒集会ということで、中等部2年以下、8名の生徒たちが講堂に集められると、舞台の上には4人の卒業生が。飯田と佐藤がアコースティック・ギターを持ち、アンプラグド・スタイルで開かれた在校生に贈る歌のメッセージ! いち早くこの特典映像を鑑賞したさくら学院をこよなく愛する業界父兄からは絶賛のコメントが寄せられている。 「涙あり笑いありで、生理活性アミンがドバドバ出ました。大丈夫かな?って思った部分も何か所かあってちょっと心配になりましたけど(笑)」丹佳夫(さくら学院科学部顧問) 「自分がさくら学院さんに関わらせてもらうようになったのが一年ぐらい前なんですけども、知るにつれてどっぷりハマッてしまって、いまでは見事に父兄です。これからもさくら学院を応援していきたいと思える映像ですね」サカモト教授(さくら学院クッキング部ミニパティ・作編曲) 「ひと言、華ちゃんの泣き顔が男らしかったです! 学院っていうものが年々、リアル学校、リアル家族になってきているのが伝わってきて、本当に楽しかった。」嶺脇育夫(タワーレコード代表取締役社長) ・さくら学院ハマることまちがいなし!dwango.jpで!【試聴もあり】【リアルタイム人気記事】・土屋アンナ「歌に対する本気」と「3月11日」・豪華若手声優アイドルグループ「地下すぎプリンセス」生放送決定!