住岡梨奈、話題映画の日本版主題歌抜擢!
ニューシングル『言葉にしたいんだ』がロングセールス中の住岡梨奈。 彼女の新曲が日本と台湾合作映画「一分間だけ」の日本版主題歌に起用されることが決定した。映画は、仕事が生きがいの女性と、主人の帰りを待ち続ける愛犬との切ない感動の物語。日本でも多くのファンに愛されている原田マハのベストセラー小説「一分間だけ」が、台湾のスタッフ・キャストにより映画化されたものだ。小説は台湾でも発売され、働く女性達を中心に「泣いた」「共感できる」と話題になっている。 住岡梨奈は自身も犬を飼っていた経験があり、本作で描かれる飼い主と愛犬との優しく感動の物語に共感し主題歌を快諾。住岡梨奈が歌う主題歌は、書き下ろしで制作され、音速ラインの藤井敬之との共作。作詞を住岡梨奈と藤井敬之で行い、作曲を手掛けるのは藤井敬之。リリースは現在のところ未定だが、また新たな一面がみられる楽曲となりそうだ。映画は、第9回大阪アジアン映画祭に特別招待作品として招待され、台湾文化部協力のもと3月13日の「TAIWAN NIGHT」(ABCホール)にてワールドプレミア上映される。上映チケットは先月発売され発売開始30分で即完。作品としての注目が集まっている。 【住岡梨奈コメント】「映画のタイトルを見たときに“一分間だけ”は何を意味するのだろうと考えさせられました。わかっているけど忘れてしまったり、失いかけて気づいたりして、大切なことを思い出させてくれる映画です。一瞬一瞬、見逃さないために一語一句心込めて歌わせていただきました。」 【リアルタイム人気記事】・miwaサプライズ発表「初の映画出演」・miwa念願の代々木第一体育館ライブで夢叶える!新曲も披露・乃木坂46橋本奈々未が白石麻衣にマジ告白!・アプガ仙石みなみが限界超えのソロ公演へ