黒夢が奇跡の超プレミアライヴ開催へ
デビュー20周年を迎えたばかりの黒夢の3月26日発売ニューシングル『Reverb』のジャケットビジュアル、カップリング収録内容、そしてMUSIC VIDEOが本日解禁となった。 MUSIC VIDEOは『少年』『後遺症』などを手がけた丹 修一監督を起用。また、カップリングにはライブでもおなじみの自身のセルフカヴァー『解凍実験(2014 NEW RECORDING)』及び、The Street Slidersの名曲『Lets go down the street』のカヴァーを収録。表題曲の『Reverb』は3月20日発売のゲーム「戦国無双4」のテーマソングとしても起用されており、ゲームビジュアルを使用したプロモーション映像も公開中だ。 そして4月からは「The second coming of 1994『地獄の三夜』」と題したライブも決定している。こちらは94年のメジャーデビュー日から三夜連続で行われた伝説のライブのタイトルである。デビュー20周年記念の一環となる今回の再公演はインディーズ作品『中絶』『生きていた中絶児』『亡骸を…』そして、メジャーデビュー作『迷える百合達』の楽曲を年代別で三夜に渡り演奏するという奇跡の超プレミアライヴ。あの中毒性が強くおどろおどろしいまでにダークな楽曲や詞の世界観、演劇的とも言われたステージパフォーマンスで数々の伝説を残し今だ語り継がれる結成当時の彼らのパフォーマンスを垣間見る事が出来るであろうこの三夜公演は、リアルタイムで体感したファンにとっても、当時は触れられなかった世代のロックファンにとっても絶対に見逃してはならない超レアなチャンスだといえる。デビュー20周年を迎えたこの2014年、黒夢の活動から目を離してはいけない。 【今日の注目記事】・山本彩、大組閣について「チームKが試される」・世界初!?PS4使ってアイドルがデビューライブ生中継・ももちが人間不信?