ビヨンセ最新MV「パーティション」官能のダンスがセクシー過ぎると話題!
大ヒット中の最新アルバム『ビヨンセ』を引っ提げ、現在「Mrs. Carter Show World Tour」でヨーロッパを精力的にまわっているビヨンセ。 同アルバムから公開されている『XO』『ドランク・イン・ラヴ feat. ジェイ・Z』に続き、新たに『パーティション』のMVが公開となり、そのセクシーすぎる映像が話題を呼んでいる!このビデオでビヨンセが演じるのは、ナイトクラブのダンサー。大胆すぎるほど体を露出し、ある紳士の前で官能のダンスを披露する、というもの。そしてその紳士を演じるのが夫ジェイ・Zなのだ。夫の目前で、美しい体を惜しみなく隅々まで見せつけるかのように踊るビヨンセのダンスは必見だが、このビデオが出来た経緯をビヨンセはコメント動画『Self-titled』(現在Gyaoで字幕入りで公開中 http://bit.ly/1hjYCRC)で次のように語っている。「婚約をした日が夫の誕生日で、彼をパリの有名なナイトクラブに連れて行ったの。その時“ワオ、ここの女の子たちめちゃくちゃカッコいい!”って感動しちゃったのよ。最高にセクシーなショーだった。私もステージに上がって、大切な男性のためにあんな風に踊ることができたらって。だから今回はそれをこのビデオでやったのよ!」「レコーディング中、1日のほとんどを母親業に費やしていた。私は現実世界では、いち女性であり母親だった。だからアルバム制作は、実際には起こらない出来事や空想を創り出す感情のはけ口だったの!(笑)」。 実際、このビデオの冒頭と終わりには、別世界=現実世界に生きる女性が登場する。美しくセクシーであるにも関わらず、夫は無頓着。そしてこの官能的な妄想世界に女性が入り込んでゆく、というのが物語の骨格なのだ。さらにアルバム『ビヨンセ』では、『パーティション』の物語はその次のビデオ『ジェラス』に続いてゆく。妄想から覚めた女性は、夜になって夫のために食事を作り待っているが、いつまでたっても夫は帰って来ない。重すぎる嫉妬(=ジェラス)に耐え切れず、大粒の涙を目に、無我夢中で街の中を駆け出してゆく…というストーリーだ。女性としての強さ・弱さなどのあらゆる面を、歌だけでなく、女優としても光る演技で表現する素晴らし作品になっているのでぜ、ひチェックしてもらいたい。新曲14曲にMV17本を収録した最新アルバム『ビヨンセ』は現在絶賛発売中。国内盤DVDは日本語字幕入りで、進化したビヨンセの世界を思う存分堪能できる。 ・ビヨンセ聞いたことないのはヤバい!【AKB大組閣大特集!】・大組閣でAKBはどう変わった?原点回帰のチームA、最強のチームK・「前しか向かねえ」よりも豪華?AKB新曲カップリングが話題に・AKB「組閣」とは何なのか?・大組閣について高橋みなみ「頑張りましょうでは片づけられない」