2013年「年間ドラマ大賞」は櫻井翔主演「家族ゲーム」に決定!
TV LIFEお正月特大号及びTV LIFE Web上で募集した「第23回年間ドラマ大賞2013」の受賞作が決定した。 作品賞(大賞)は、「あまちゃん」「半沢直樹」との3強対決の激戦を制した「家族ゲーム」が見事受賞。突拍子のない発言や行動で周囲を翻弄する不気味な家庭教師・吉本荒野(櫻井翔)の破天荒ぶり、さらにはいじめシーンのリアルな演出や落差の激しいストーリー展開など、他の作品にはないその強い“衝撃度”が受賞の決め手となった。 いっぽう、惜しくも作品賞は逃した『あまちゃん』だが、能年玲奈が主演女優賞&新人賞をW受賞。特に新人賞部門では2位以下をWスコア近い得票数で引き離すなど、2013年の“顔”として勢いを見せつけてくれた。 作品賞に輝いた『家族ゲーム』主演の櫻井翔は、「受賞の話を聞いて、ドッキリかと思った」と驚きつつも、「(演じた)吉本のせりふは“おまえらの人生、台無しにしてやるからな”とか、せりふじゃないと言えないような言葉も多かったので、このシーンはどうやってやろうかと考える時間がいつも本当に楽しかった」と当時を振り返った。また、「実際の収録現場はすごくあったかい雰囲気だった」ようで、「ドラマの打ち上げで、茂ちゃん(浦上晟周)や神木(隆之介)君たちが(主題歌の)『Endless Game』のダンスを完コピして踊ってくれたことが思い出深い」と、キャストと共に過ごした充実した日々を懐かしみ、「本当は全スタッフ、キャストと一緒にお祝いしたかったけど、この誌面を通して喜びを分かち合いたい」と受賞を喜んだ。 ・ジャニーズ楽曲はdwango.jpで!Follow @dwango_jp_PR!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");【AKB大組閣大特集!】・大組閣でAKBはどう変わった?原点回帰のチームA、最強のチームK・「前しか向かねえ」よりも豪華?AKB新曲カップリングが話題に・AKB「組閣」とは何なのか?・大組閣について高橋みなみ「頑張りましょうでは片づけられない」