AKB大組閣、注目は松井珠理奈と指原莉乃
遂に、運命のAKB大組閣が開催される。不気味なほどに情報が出ず、ファンは様々な憶測をネット上や現場で繰り広げている。 今回の大組閣、いままでの組閣とは違い、かなり大きなグループ間を跨いだ組閣が行われるだろう。AKB、SKE、NMB、HKT…それぞれのチームが何かしらの移籍、もしくは兼任を発表されるメンバーが現れる。中でも注目は、松井珠理奈と指原莉乃だ。 松井珠理奈はSKE48の大黒柱でありエースであり絶対的なセンターでありながら、近い未来のAKB48を背負って立つ存在としても期待がかかっている。AKBシングル選抜の常連であり、大島優子が卒業をする2014年は、更に「AKBの顔」として活躍が期待される。その中で、現在でもSKE48とAKB48チームKの兼任をしている。そのチームKが精神的柱であり現在のチームKを作り上げたひとりである大島優子の卒業を控え、再構築が必要とされる。その中で、もしも松井珠理奈がチームKに残るならば、松井珠理奈中心にチームKの再構築をしなければいけなくなる。そうなれば、いまのままの兼任でいいのか?という問題も出る。また、SKE48に残るにせよ、では、AKB48を背負って立つ使命をいまのままで全うできるのか?これは、SKEファンにとっても、またAKBファンにとっても非常に大きな問題となる。大島優子が卒業する今だからこそ、松井珠理奈の去就が決定される時期なのではないかと考える。松井珠理奈を中心に今回の大組閣は動くと予想がされる。 また、注目が指原莉乃だ。HKT48へ移籍してからHKT48劇場支配人兼任としてプレイングマネージャー的ポジションでHKT48に様々な仕掛けを施している。現在、色々なイベントでHKT48を見かけるのも、また、HKTのツアーでモーニング娘。の『ザ☆ピ〜ス!』をカバーする荒業を見せたのも指原の影響が強い。指原自身が素人時代から有名な「ハロプロヲタ」であることから、アイドルオタクならではの感性をHKT運営に生かしているためファンの信頼も厚い。このプロデュース能力をAKB運営も放っておかないだろう。また、総選挙1位という圧倒的な人気を考えれば、HKT48専属のままでいいのかという疑問もでる。自身のプレイヤーとしての移籍、または兼任か、もしくはプロデューサーとして他のグループも兼任するのか? ・今からでも遅くない!AKB48グループの曲が全て聞ける!MVも買える!・AKBグループ「チーム」とは何なのか?各グループ徹底分析・「前しか向かねえ」よりも豪華?AKB新曲カップリングが話題に・大組閣の目玉か?大島優子卒業後、注目度No.1は意外なメンバー! 何にせよ、大島優子の卒業後を考えての今回の大組閣ということを踏まえれば、松井珠理奈、指原莉乃の二人が軸となり今回の大組閣は展開していくことが予想される。 運営は、「AKBグループに必要な処置」だと繰り返しアナウンスしている。ファンの間では心配する声も大きいが、今回の組閣、AKBグループを更に面白くするモノになることを祈りたい。(文責/武田瑠羽)※写真は「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」のもの。(C)AKS