HKT48長崎公演で新曲披露!「ウンゼリーヌ」も登場
1月11日(土)よりスタートした「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」。 チームH・森保まどかの地元、長崎県・ブリックホールで公演が開催された。公演前の囲み取材で、凱旋公演となる森保まどかは「地元長崎で公演が出来ることを本当に楽しみにしていたので、成長した姿を長崎の皆さんにお見せ出来たら」と話した。 森保は、AKB48柏木由紀のソロ公演曲『夜風の仕業』を披露。また、長崎県・雲仙温泉のマスコットキャラクター「ウンゼリーヌ」も登場し、会場を盛り上げた。 アンコールではタキシード姿の指原莉乃が登場。会場内に大きなどよめきが起こる中、3rdシングルのタイトル、そして選抜メンバーの発表が行われた。その後、3rdシングル『桜、みんなで食べた』を初披露。披露後、指原は「みなさん、神曲ですかー!?」との呼びかけに、大きな拍手が起こった。・HKT48『メロンジュース』『スキ!スキ!スキップ!』他、名曲が全て買える! 【リアルタイム人気記事】・大雪予報!Juice=Juice、℃-ute、スマイレージのイベントは?・ソチで大注目!羽生結弦選手SP曲「パリの散歩道」の原点・いま話題のハロプロのすべてを知るなら【クリック!】 【公演後の森保まどか感想】「地元での単独コンサートは一生の思い出になりました。このホールは昔よくピアノのコンクールなどで訪れたことがあるので、今回、HKT48として舞台に立っているのがとても感慨深かったです。また帰ってきます!」(C)AKS