伝説のバンド7作品が同時に25位以内にランクイン
1965年4月、全米1位となったロック・クラシック・チューン『ミスター・タンブリン・マン』でデビューを飾ったザ・バーズ。 デビューから50年近く経った今、ザ・バーズ関連の7作品が、オリコンデイリー洋楽アルバムランキング第25位以内に同時ランクインした(2月4日付)。7作品の内訳は、新構成になった後期アルバム6作品とザ・バーズの初期メンバー、ジーン・クラークのソロ・プロジェクト作品。最高位は11位にランクインした6th『ロデオの恋人』で、13位『(タイトルのないアルバム)』、16位『イージー・ライダー』、18位『バーズ博士とハイド氏』、20位『ファーザー・アロング』、21位『バードマニア』、そしてジーン・クラークのソロ・プロジェクト作品『ジーン・クラーク・ウィズ・ザ・ゴズディン・ブラザーズ』が25位。2012年にも初期6作品がオリコンデイリー洋楽アルバムランキング25位以内に同時ランクインして大きな話題となったが、今回はそれに続く快挙だ。 後期(1968-1971)の6作品は、当時はオリジナル・アルバムのモノ音源は発売されなかった為、今回は<オリジナル・ステレオ・アルバム音源+モノ音源のボーナス・トラック+ステレオ音源のボーナス・トラック>という構成になっている。ボーナス・トラックとして収録されたモノ&ステレオ音源の多くは本邦初収録となる貴重なものばかりだ。また、現在流通している1997年発売のボーナス・トラック付アップグレイド盤は、再発の際に新たにリミックス&リマスターが施されているものだが、今回はオリジナルLPのマスターを採用し、そのアナログ・マスターから新たにDSDマスタリングを行っている。当時LPを擦り切れるまで聴いていたファンにとっては、記憶刷りこまれた音が高品質で蘇ることとなる。 【リアルタイム人気記事】・モー娘。’14新記録!小田さくら覚醒で新局面突入か?・RADWIMPSがNHKで初のテレビ特番決定!・T.M.RevolutionとSCANDALがガチバトル!?・℃-ute矢島が意外なアーティストに誕生日祝われる【クリック!】・ソチで大注目!羽生結弦選手SP曲「パリの散歩道」の原点