チキパ生放送でファンと真剣ディスカッション!
avexのアイドル専用レーベルiDOL Street第2弾グループとして、デビューしたCheeky Parade。 アイドルらしからぬエッジの効いたサウンドと、大胆なパフォーマンスに定評のある彼女達。1月30日(木)、渋谷PARCO Part1にあるソーシャルTV局「2.5D」にて行われたレギュラー番組「Cheeky Parade × 2.5D「プロジェクトCP~挑戦者たち~ vol.1」」にて、“ファンと楽曲づくり”を行うプロジェクトをスタートさせた。 Vol.1の今回は「楽曲テーマ」「曲調」を中心にディスカッション。関西組の小鷹狩百花・山本真凜を除く、7名とファン・WEB上での意見を含めてCheeky Paradeの楽曲づくりに熱い意見が飛び交った。 中にはBPMの指定や、センターの指定をしてくる意見も。メンバー驚嘆のディスカッションも佳境に差し掛かった頃、今回のトラックメーカーであるヒゲドライバーがサプライズで乱入。昨年11月にリリースした1stアルバム『Cheeky Parade Ⅰ』のリード楽曲『チェケラ』のトラックメーカーであり、2.5Dとしても縁のあるヒゲドライバーに楽曲制作の白羽の矢が立ったのだ。そして更に、このレギュラーを通じて「楽曲センターポジション」を争うコーナーが発表され、関西組の2人とは電話を繋ぎながらのクロストークへ突入。Vol.1では“メンバーによる自己アピール”によって、会場のファンが挙手制でポイントを投票するという、ガチ企画。第一回の勝者は雄弁な英語スピーチを織り交ぜた、島崎莉乃が勝利を収め最高得点をゲット。戦いはVol.2へと持ち越される。3月22日には、ワンマンライブが品川ステラボールにて開催されることが決定している、Cheeky Parade。2部のチケットは公演2か月前にも関わらず、ソールドアウトという大盛況。見逃せない公演となる予感だ。 家にいてもチキパの音楽すぐ聞ける!【クリック】【人気記事】・モー娘。’14『What is LOVE?』は早くも2014年代表曲に!・「明日ママ」問題前に児童虐待テーマ話題曲があった!