モー娘。'14『What is LOVE?』は早くも2014年代表曲に!
モーニング娘。’14が発売したトリプルA面シングルの『笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?』。 その中の『What is LOVE?』が2014年のアイドルソングに革新を起こしそうだ。今回の『What is LOVE?』は、2013年モーニング娘。サウンドを象徴したEDM路線を更に進化。楽曲の早さをしめすBPMが180~190と言われ通常のアイドルソングよりもかなり早いテンポとなっている。 通常テンポが早くなるとアイドルソングの生命線であるキャッチーなメロディがつけづらくなる。しかも、音楽はただテンポが早ければ「踊れる」「ノレル」わけではなく、そこにグルーヴがなければノリが生まれず成立しない。『What is LOVE?』はキャッチーなメロディーとディスコ~ソウルを通過しているつんく♂のグルーヴ感がしっかりと入れ込まれ、これだけの早いテンポにもかかわらず耳に残る美メロアイドルソングとなっている。 次々と押し寄せてくるフレーズ、疾走するように駆け巡るバックトラックはもはや奇跡。現行の「踊るアイドル集団」となったモーニング娘。’14にとっては、現時点で最高の楽曲といえる。 アレンジは、2013年に魅せたEDMアレンジが更に過激に、トラックだけ聞くと、完全にテクノ~トランスなバキバキのシンセを使い倒したインスト曲としても通用するほどに実験的な楽曲。それが、メンバーの歌声とつんく♂の歌詞、メロディが乗ることで中毒性抜群のアイドルソングに昇華するのだからまさに、つんく♂マジック。 そしてアイドルソングの歴史を変える『What is LOVE?』に加え、不思議な歌いまわしのAメロ~Bメロでタメにタメてサビで大爆発する『笑顔の君は太陽さ』、「君の代わりは居やしない」「ニッポン!」というフレーズが呪文のように癖になり鞘師里保と小田さくらのツインボーカルがより研ぎ澄まされてきている『君の代わりは居やしない』と3曲とも外しが全くないというトンデモナイ1枚となっている。 まだ1月ながら2014年度を代表するシングルと言っても過言ではない革命的な一枚となっている。(文責/武田瑠羽) ・『笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?』今すぐ聞こう!一曲から変える【クリック】【必読!今話題の記事】・モー娘。’14デイリー1位!小田さくらの覚醒と最高峰LIVE!・モーニング娘。’14生田ヒット祈願で「オリンピックに出たい!」