AKB大組閣で何が変わる?大変革はAKBとSKEか
突如発表された、AKBグループの大組閣。今回は、全てのグループが対象である、ということまでしか発表されていない。 解っていることは、「AKB48グループ大組閣祭り」が2月24日に、東京・青海のゼップダイバーシティで開催されるということ。いままで組閣はAKBグループでは大きなニュースと毎回なり、不本意な移籍で涙を流す者、あこがれのメンバーのチームへ合流し喜ぶ者、チーム4が消滅したり、チーム4が復活したり、AKBから地方グループや海外グループへ大きな移籍があったりと、悲喜交交があった。しかし、コレまでの組閣はあくまでも「各グループ毎」や、「一部の移籍」だっただけに、今回のようなわざわざ組閣がイベントとして開催されるほど、大掛かりなことはAKB史上初めてのこと。 では、今回の組閣は何が行われ、各メンバーはどう影響があるのか? まず第一に、メンバーの内山奈月がググタスで明かした秋元康総合プロデューサーの言葉、『涙涙の組閣にはしない』 『必ずプラスになる組閣にする』からも分かる通り、マイナスになるような組閣ではないということ。今回の大組閣の発表を受け、悲観的な意見がネットでは多いが、ファンたちが動揺を隠しきれていないだけで、大事件は起きないだろう。まあ、お気に入りのチーム、推しのメンバーが移籍するのは大事ではあるが…。 まずHKT48はそこまでの動きがないだろうと考える。未成年メンバーが多いこともあり、大組閣の中では比較的移動が少ないと考えられる。無理やり転校や転入などを無理強いすることはありえないし、今までもなかった。親元から安心して通っているメンバーも多く、HKT48はそこまでの移動がないだろう。また、海外組も同じくだ。JKT48は日本のメディアではあまり頻繁に報道されないが現地では大人気。独自のファンを獲得している。政治的な問題もあったSNH48もまだ組閣以前の問題だ。 さて、それ以外のAKB、SKE、NMBだが、最大に大きく変わるのは間違いなくAKBとSKEだろうと考える。NMB48には城恵理子の復帰や悲願の紅白歌合戦など昨年末の大きなトピックスで「いじれない状態」だ。誰の目にもNMB48を組閣することは考えられないだろうし、先の秋元氏の言葉が正しければ、NMBの組閣は小さいものだろう。間違いなく、今回の大組閣はAKBとSKEに向けられていると考える。 ・今からでも遅くない!!AKB48グループの曲が全て聞ける!MVも買える!・大組閣の目玉か?大島優子卒業後、注目度No.1は意外なメンバー!・「前しか向かねえ」よりも豪華?AKB新曲カップリングが話題に まず第一に、大島優子がいなくなることで大きな痛手を受けるのがチームK。チームKの精神を作り上げたのが秋元才加と大島優子、宮澤佐江。この3人が全てチームKからいなくなってしまう。宮澤佐江はチームKとの兼任を解除する「SNH48に専念」宣言をしたばかり。つまり、大島優子が卒業することでチームKが成り立たなくなる可能性があるのだ。チームKは他のチームよりも色濃く「理念」があり、エリート集団のチームAに「対する」チームKとして作り上げてきた歴史がある。それだけに、チームKの再建は急務。また、現在は新設された新チーム4以外は、チームA、K、B共に過去のそれぞれのチームに特色があった頃の影は薄く、それぞれのチームが自分たちのカラーを見つけている最中だ。チーム8の新設も決定した現状、本隊であるAKBの各チームがしっかりと色分けされていなければ、AKBグループ全体としてもチーム分けをしている意味が無くなってしまう。「チームAってどんなチーム?」と問われて、どれだけのAKBファンが即座に明確に答えられるだろうか?下手をしたら、A、K、B全てのメンバーの入れ替えもあり得るのではないかと、現時点では考える。 また、SKEには大量の卒業者問題がある。佐藤聖羅と向田茉夏の卒業も発表され、2013年には大量11人が一挙に卒業、次期エース候補だった矢神久美や小木曽汐莉の卒業など、とにかく卒業者が近年多い。運営としても、間違いなくSKEの改革も急務であるのは間違いない。また、長らくツートップだった松井珠理奈、松井玲奈の体制も何処かで再確認する時期が来るだろう。特に今回、大島優子卒業という前田敦子卒業と同レベルの節目を迎えるAKBグループ。松井珠理奈が、真のエースとしてセンターとしてAKBグループで覚醒するのか、それがSKE48と兼任のままでいいのか?考える時間は刻一刻と迫ってきている。 2月24日の大組閣祭り、3月の国立競技場で卒業を迎える大島優子、間違いなく2014年は春にAKBが根底から変わる大変革期に入る。ますます、目が離せなくなりそうだ!(文責/武田瑠羽)(C)AKS