ビヨンセがグラミー賞オープニングで旦那とセクシー演技!
去年12月に配信でサプライズ・リリースされ、世界を騒然とさせたビヨンセ待望の新作『ビヨンセ』。 配信時に日本を含め104カ国でiTunesチャート1位を獲得し、本国アメリカでは発売から3週連続の堂々の1位を獲得し大ヒットを記録している。そんな中ビヨンセが、日本時間1月27日/US現地時間1月26日、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催された第56回グラミー賞授賞式のオープニング・パフォーマーとして登場し、記念すべき今年の音楽の祭典の幕開けを華々しく飾った! ビヨンセは、その完璧なボディを世界中のオーディエンスに惜しみなく見せつけるようなセクシーなブラック・レオタード風衣装に身を包み、夫ジェイ・Zとともに、アルバム『ビヨンセ』に収録されている楽曲『ドランク・イン・ラヴfeat.ジェイ・Z』を圧巻のパフォーマンスで披露!ジェイ・Zと絡み合いながらプリミティヴな愛を熱唱するそのあまりにも官能的で、そしてときに挑発的なセクシー・パフォーマンスに、会場はオープニングから大熱狂となった。 早くもアメリカのメディアでは、妻と夫ならぬ「クイーンとキングによる最高のオープニング・パフォーマンス」と大絶賛の声が上がっており、今年のグラミー賞授賞式の一番の話題のパフォーマンスとなることは間違いない。(写真/Getty Images) ・ビヨンセ聞いたことないのはヤバい!・AKB「前しか向かねえ」小嶋真子選抜入りの衝撃!一気に世代交代か・「前しか向かねえ」よりも豪華?AKB新曲カップリングが話題に