松山ケンイチ主演映画の主題歌に山崎まさよし
「火宅の人」「鉄道員(ぽっぽや)」など、日本映画の不朽の名作の撮影を手掛けてきた名キャメラマン・木村大作監督が手掛ける、6月14日(土)から全国東宝系にて公開される最新作が「春を背負って」。 この作品の映画主題歌を山崎まさよしが担当する事が決定した!昨年9月に約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『FLOWERS』を発売し、2012年12月より「種を蒔く人」を意味する全国ツアー「SEED FOLKS」を継続、今年デビュー20周年イヤーをスタートさせる第一弾の作品として、映画主題歌『心の手紙』を発表した。 映画を観て作品作りに入ったという山崎は「息子が父に向けて書いた手紙のようになればという想いを込めた」という通り、映画本編同様“自分の居場所”をテーマとする見事なバラード曲に仕上げている。 主題歌を聞いた主演の松山ケンイチは「山崎まさよしさんが撮影現場に一緒にいらっしゃったと思える様な楽曲で心にしみました。」と語り、木村監督は「エンドロールには立山連峰の美しい自然と四季が描かれていますが、その画に詞も見事に調和した素晴らしい曲」と大絶賛。 ・山崎まさよし超絶名曲揃い!・AKB48がニコ生で「足跡色紙」プレゼント!・アプガ仙石みなみがグラビアクイーンに!