LITTLEの激ヤバ約6年振りアルバム詳細解禁!
KICK THE CAN CREWのメンバーであり、最近はMCUとのユニットULやアスタラビスタとしても活発な活動を続けるLITTLE。 約6年振りとなる待望のアルバム『アカリタイトル1』の詳細とリードトラック『愛はある』のMV、更にはジャケットアートワークが解禁になった。2月12日にリリースされる『アカリタイトル1』にはボーナストラック含め全10曲収録。フィーチャリングVoとしてFLYING KIDSの浜崎貴司と、若手筆頭格のラッパーSHUNが参加。トラックメーカーは、盟友TAICHI MASTER、DJ ISO(アスタラビスタ)に、Shingo.S、Hyrakane303、ヨースケ@HOME、Tha Under Stars(副島ショーゴ、今泉タカシ)が名を連ねる。 M-2に収録の『FUNKY ウーロンハイ』は、SUPER BUTTER DOG『FUNKYウーロン茶』のカバーということで原曲のファンク感そのままに、TAICHI MASTERのトラックが冴えるPARTYチューンになっている。リードトラックの『愛はある』は、サビの「愛はある 金はない」というインパクトのあるリリックが印象的な渾身のラブソング。LITTLEが淡々と力強くラップするMUSIC VIDEOも徳間You tubeにて解禁された その他、ボーナストラックとして、『D.R.E.A.M』の完全版も収録される。LITTLEと計30人以上のラッパーやクリエイターが集結した約11分弱のアッパーチューンとなっており、こちらも必聴だ。 そしてCDジャケットも解禁。イラストは、KICK THE CAN CREWやGAKU MCのCDジャケット等でもおなじみのKIOが担当し、アートワークはTypoGrahphics(Optimystik)というこれまたHIP HOP好きにはたまらない布陣となっている。 ・KICK THE CAN CREW名曲揃い ・「見返してやりたい!」アップアップガールズ(仮)インタビュー・アプガが年末につんく♂から掛けられた言葉