MISIA6万人動員アリーナ話題の新曲初披露
MISIAのアリーナツアー 「LAWSON presents MISIA 星空のライヴ VII -15th Celebration- Hoshizora Symphony Orchestra」が1月18日(土)、1月19日(日)の日本武道館公演を皮切りにスタートした。 昨年行われた60公演を越えるロングツアーに、アリーナツアーでは服部隆之率いるシンフォニーオーケストラを迎えるという豪華なバンド編成は見どころのひとつとなっている。初日の1月18日(土)日本武道館の公演では、オーディエンスを湧かしたビッグなプレゼントが二つ! 一つ目は、2月5日(水)に発売される、初回放送が視聴率18.9%と好スタートを切ったTBS系ドラマ日曜劇場「S -最後の警官-」主題歌で話題の新曲『僕はペガサス 君はポラリス』が初披露された。 さらに二つ目は、MISIA通算11枚目のオリジナルアルバム『NEW MORNING』の発売が発表された!前作『SOUL QUEST』から約3年ぶりのファン待望の新作アルバムの発表に会場が湧いた。 デビュー16年目に向けての精力的な活動を発表したMISIAが立つライヴステージには、木々の茂った森に冬の星空が広がるというオーガニックでロマンティックな空間が広がっている。OPENING INTROにつづいてデビュー曲『つつみ込むように・・・』の15周年バージョンで幕をあけると、ライヴが始まったばかりと思えない興奮で会場は熱気に包まれた。「15周年ファイナルツアー武道館公演にようこそ!!やっとこのファイナルツアー武道館公演までたどり着くことができました。」と昨年2月から始まったロングツアーの長い道のりを振り返り、「15周年を迎えられたという喜びと、そしてこんな素晴らしい15周年イヤーを過ごさせていただけたという喜び。今日来てくださった皆様と、たくさん応援してくださった皆様に、本当に感謝しております。」とMISIAを支えつづけてくれるファンに改めて感謝の気持ちを伝えた。 一息つき、オーディエンスに着席を促すMCから『Everything』『恋は終わらないずっと』などしっとりとしたバラードがつづく。「今回の星空のライヴは2000年からずっとライヴを一緒にやってきたドラムの青山純さんと、2009年から一緒にライブをやっているドラムのFUYU君、このツインドラムを核にしてライヴをやってきました。」「けれど、2013年12月3日に青山純さんの訃報を聞きました。」「本当にびっくりしました。何かが自分の中からストーンってなくなってしまったようにすごく寂しい気持ちがしました。今も彼の不在をどこかで信じることができませんが、このアリーナツアーでもきっとどこかで一緒に叩いてくれているんじゃないかなと信じています。」と昨年急逝されたドラマーの青山純さんに追悼のコメントをおくった。そして、『忘れない日々』へとつづき、オーディエンスはMISIAと感情を共有しながら、熱く静かに聴き入った。3会場6公演で延べ6万人を動員するアリーナツアーは、このあと大阪城ホール公演へとつづき、ファイナルを2月に横浜アリーナで迎える。 ・MISIA超美メロは必聴です!・2014年AKBを大変革させるNMBメンバー・AKBグループ「チーム」とは何なのか?各グループ徹底分析