HKT48ドラフト山本茉央「渚のチェリー」センターの意味は?
1月11日よりスタートした「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」。 5公演目は鹿児島県市民文化ホールで開催。昼公演では、指原莉乃と本村碧唯のユニット曲が終わると、会場は暗転。「第一順選択希望候補 HKT48チームH エントリーナンバー21番 山本茉央 福岡県在住 高校2年生17歳」とドラフト会議本番同様のアナウンスが再び流れると、大きなどよめきが会場内を包んだ。 そして、ステージには兒玉遥、田島芽瑠、朝長美桜をバックに、昨年11月10日の「AKB48グループドラフト会議」にてHKT48チームHで1位指名を受け、見事獲得となったドラフト生の山本茉央が登場し、『渚のチェリー』をセンターポジションで披露。この『渚のチェリー』は4人のユニットで披露され、AKB48で初めて明確にセンター制が導入された曲である。この曲を前田敦子が初センターで歌いその後のAKBの歴史を作ってきた代表曲だ。過去にセンターを務めたのはコンサートを入れれば、渡辺麻友、松井珠理奈、島崎遥香など豪華なメンバー。今回は、AKB48グループでドラフト生の加入・お披露目は山本茉央が初となり、いきなりこの代表曲を、兒玉遥、田島芽瑠、朝長美桜という「HKTセンター候補メンバー」を従えセンターポジションで披露したことに、今後のHKT48の動向に山本茉央がすぐに関与してくることを予感させるお披露目だった。 ・HKT48『メロンジュース』『スキ!スキ!スキップ!』他、名曲が全て買える!・モー娘。のカバー!指原莉乃がHKTでAKBを超える日・HKT48「クラス替え」チームK4誕生でどう変わる? 山本は「人生で一番緊張しました」と感想を述べ、ドラフト1位指名を受けた際の感想を聞かれると「指原さんが憧れだったのでとても嬉しかった」と話した。指原莉乃は「これから48人目のメンバーとして頑張ろうね」、チームHキャプテンの穴井千尋は「メンバーみんな茉央ちゃんが来るのを楽しみにしてた。これから一緒に力を合わせてがんばりましょう」とエールを送った。 またこの日、HKT48 3rdシングル 3月12日に発売決定も夜公演で支配人兼務の指原莉乃より発表をされた。ますます、HKTの動きが2014年も活発になりそうだ。(C)AKS