祝女の舞台化で大久保佳代子「まだ馴染んでないな、と」
女性の本音や本性を巧妙に描き、女性を中心に大きな話題を呼んだNHKの人気コメディ番組「祝女~shukujo~」。 今回、舞台化されるにあたり1月19日(日)に都内で製作発表会見が行われ、演出・脚本を担当する内村宏幸氏、Wキャストで主演を務める友近・大久保佳代子をはじめ、YOU、市川実和子と、テレビ版でも出演したキャスト陣が登場。お互いを知り尽くしている彼女たちの本音トークが早くも炸裂した。 思わず共感してしまうリアルな女性目線で、その思惑・人間模様を描き出した人気ドラマの舞台化に、TV版に引き続き主演の友近は「基本女の人って、面白くないのが面白いので、そこをどう面白く生かそうか考えながら面白いものにしたい」と挨拶。久々の舞台出演にして「祝女~shukujo~」初参戦の大久保佳代子は「ガッツリ“舞台!”という感じもしないし、センスいい感じもする。ちょうどいい舞台だと思います」と語った。舞台版でも脇を固めるYOUは「TV版の出演陣はもちろん、大久保さんもよく知ってるので、すごく面白くなると思います」と語り、市川実和子も「終わってから2年、また『祝女』はやらないのかすごく聞かれていた中、今回舞台となって帰ってくることになったので面白い作品にしたい」とコメント。“女の幸せとは?”を聞かれた際には、大久保のエロコメントが炸裂したのだが、「そもそも幸せってなんなんでしょう?」という市川実和子の深い問いかけに、演出・脚本を担当する内村氏が「僕は男なので、それを日々考えてますね。女性の幸せを何かを考えることが、イコール男、ということで」という見事な切り替えしで、記者を含めた一同から「おぉ!」という感嘆の声が上がった。 すでに稽古は始まっており、「俳優陣の方が稽古着なので、ちょっと距離感を感じたので昨日クッキーを差し入れました」(大久保)「レッグウォーマーとかね。我々バラエティ班はね、来たままの服で稽古に入っちゃうんで(笑)」(YOU)「まだ馴染んでないな、と」(大久保)と掛け合いながらも手応えは掴んでいる様子。「人それぞれ価値観が違うので、共感する部分も違うと思いますし、観に来てくれた人がどこで笑ってるか、どこで共感するのか、一緒に観に行った人と付き合えるか?とか彼氏・彼女作りの場にもなると思います(笑)。舞台でももちろんですが、客席でも何か起こるという」(友近)「ドラマ版ではアップもあって細かい表情も楽しんでいたんですが、それが舞台でどう表現されるのか楽しみです。ぜひオペラグラス持参で楽しんでいただければと」(YOU)「男性は怖いんじゃない? 身につまされるって聞きますよ。女の本性、私も勉強になります(笑)」(市川)と、舞台版「祝女~shukujo~」をアピールした。 舞台「祝女~shukujo~」は2月5日(水)東京公演(天王洲 銀河劇場・計7公演)より開幕。2月11日(火・祝)に大阪公演(サンケイホールブリーゼ)で行われる。舞台版ならではで見せるオムニバス形式のショートストーリーとなる。 舞台「祝女~shukujo~」公式ホームページhttp://www.shukujo-stage.com/ ・ビヨンセ「体重88キロから約30キロも減らす」・prediaからメンバー二人が卒業へ・鈴木ふみ奈Hカップそしてド迫力なお尻!