prediaからメンバー二人が卒業へ
PASSPO☆の姉妹ユニットであるprediaの新年初のワンマン「predia party」がMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催された。 まさしく「可愛いだけじゃ物足りない、大人の遊び場」というキャッチのように彼女たちの持っているグリッター感はこの日も全開で炸裂。オープニングを飾る『Sparkring』に表れる華やかな音世界は、一気にライヴハウスを彼女たちのパーティ会場へと変える。そこに絡む村上瑠美奈、湊あかねという2大ボーカリストは硬軟、艶カワの両方を持ち合わせた表現力豊か。フロアを挑発していく。しかし、MCになると豊満な身体の持ち主である林弓束が「今年の目標は無遅刻で」と語れば、ファンからの「ダイエット!」の大合唱。まさかのタイミングで場内が一体感に包まれ笑いが巻き起こる。 トレードマークと言える「大人ダンス」は今日も好調。『image』のまるでランウェイのように颯爽と歩き出すダンスなど、さすがのゴージャスかつ大胆なセクシーぶり。一方で『Cherry Love』では逆にアイドルも真っ青な愛らしさも見せつけステージ巧者ぶりを披露。ファンたちも次第に熱を帯びてコール全開で応援する。 本編最後となった『HeyNow!!』では1月23日に誕生日を迎える松本ルナを祝うために会場中で黄色いサイリウムが点灯。このサプライズに松本ルナはいつもの「関西のおばちゃんキャラ」を封印し深くお辞儀をしファンに感謝を伝えた。アンコールは、ハンサムな『Free』で幕を開ける。終了後場内が盛り上がる中、静まり返るステージ。ここで和泉テルミが重たい口を開き、2月22日の渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンパーティをもって和泉テルミと竹田愛が卒業すると告げた。 ・predia気になる楽曲はクリックで【必読!今話題の記事】・palet生誕祭で新曲披露と2周年ワンマン発表・PASSPO☆「武道館、東京ドームで!」 一瞬にして静寂が訪れる場内。竹田愛は「進むべき道は違うかもしれないけれど、前に進むという意味ではprediaのみんなと一緒です」と話し、和泉テルミは「大好きなprediaから離れていくのは辛いです。けれどメンバーみんなは温かく受け入れてくれました。それに、これだけ温かいファンの方に支えられているprediaはきっともっと前に進めると思います。だから卒業までprediaの応援をお願いします」と涙を浮かべながらも気丈に語った。青山玲子も「最初は受け入れられなかったけど、卒業する2人をしっかりと応援していくと決めました」と強く宣言し、ラストは『きみみたいに』で幕を閉じた。2月22日に卒業パーティまで残り時間は少ない。だからこそ11人で輝く今のprediaに括目せよ!