HKT48スペシャルLIVEで「ペナントレースでチームK4を一位にしたい!」
HKT48チームHが渋谷アイア シアタートーキョーにて「アイアHKT48 スペシャルライブ」と題し、「博多レジェンド公演」を行った。 辿々しい兒玉遥の影アナからスタートしたLIVEは『HKT48』から『初恋バタフライ』まで歌い上げ、自己紹介MCへ。兒玉遥はこの日昼間に行われたイベントで、ファンとともにギネス記録を取れたことを報告。「わたし目標にギネスに記録を残したいなと思っていたんですよ、死ぬまでに」と話した。指原莉乃は、場内のカメラスタッフがなんと「SKE Tシャツ」を着ながら仕事をしていることを指摘し場内の笑いを誘った。そして、ボスこと田中菜津美は風邪を引きガラガラの声で「決して酒やけではないので(笑)やばい、オネエっぽい」とさすがの貫禄あるMCを展開。中西智代梨は街でおじさんに「大島優子に似ているねえ」と言われたことを喜び、それを大島優子に報告をするとさっきまでメールの返信がポンポン来ていたのが、急に返事が無くなったとのキッチリと仕上げたMCを披露し安定の笑いを提供した。 その後は、『Glory days』『この胸のバーコード』『ウィンブルドンに連れて行って』『雨のピアニスト』『チョコの行方』とユニット曲を続けて歌った。 続くMCでは、兒玉遥が九州ツアーを終えたら「西日本ツアーをしたい!」と宣言し関東のファンを喜ばせ、多田愛佳は新設されるK4を「ペナントレースでチームK4を一位にしたい!」と大胆宣言をした! この日、目立ったメンバーは宮脇咲良。髪を切り、背が伸び女性らしさが増したこともあるが、気迫が違ったように見えた。顔は普段通りのニコニコ顔なのだが、ダンスは切れがよく、『メロンジュース』では誰よりも頭を振り、取れてしまうんじゃないかと心配するほど!チームK4での活躍が期待される宮脇咲良の想いが伝わった気がした。 ・HKT48『メロンジュース』『スキ!スキ!スキップ!』他、名曲が全て買える!・モー娘。のカバー!指原莉乃がHKTでAKBを超える日・HKT48「クラス替え」チームK4誕生でどう変わる? 『制服のバンビ』や『シャムネコ』『大声ダイヤモンド』などを続けて歌い『未来の扉』で本編を終了させた。アンコールでは、『会いたかった』からHKTシングル曲を続けて歌い、最後は『ウインクは3回』『白いシャツ』で特別公演を締めくくった。キラキラした笑顔、そして一生懸命に踊る姿。ますます2014年はHKT48から目が離せなそうだ!