36年の時を経て矢沢永吉『時間よ止まれ』が資生堂CMソングに復活
今なおジャパニーズロックシーンのスーパースターとして君臨し続ける矢沢永吉。 矢沢が1978年にシングルとして発売、資生堂CMソングに起用されてミリオンヒットとなり、初期の代表曲の一つとなった『時間よ止まれ』が、36年の時を経て同じ資生堂のCMソングとして”復活”した。 2014年、コーポレートメッセージ「一瞬も 一生も 美しく」を掲げ、長きにわたり培ってきた「革新」の精神をより強く打ち出した資生堂。その「最高の美」に挑み続ける力強さと、いくつになっても最高のものを求めて妥協を許さない矢沢の姿勢とが強くシンクロしたことから、今回の36年ぶりのCM採用となった。 コーポレートカラーの「赤」を背に、モデル・女優として活躍中の水原希子が美しさに挑む表情を魅せるこのCMは、毎週日曜22時放送の「おしゃれイズム」をはじめ、資生堂の提供番組などで放映される。 ・矢沢を聞くべき!クリック 【必読!今話題の記事】 ・つんく♂からのモーニング娘。’14「ある発表」を考える ・原因不明の眼病と戦うアイドル 神谷えりな