多田愛佳がまゆゆから「愛ちゃんがキャプテンになる時代になったんだね」
1月11日よりスタートした「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」。 2日目は、研究生の駒田京伽(こまだひろか)と冨吉明日香(とみよしあすか)の地元、宮崎県・市民文化ホールで開催。 公演前の囲み取材で、HKT48チームH・AKB48チームAを兼任する兒玉遥は「(宮崎に)離れて住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんも見に来てくれているので成長した姿を見せたい」、指原莉乃は「初日はどうなるのか、という気持ちが大きかったので、今回は自分たちも楽しむっていうのをメインに頑張っていきたい」、宮崎出身の駒田と冨吉は「ずっと宮崎でのライブは夢だったので、九州ツアーが決まった時、うれしくて泣いてしまいました。頑張ってレッスンしてきたので楽しみ」と意気込みを語った。 1曲目は、モーニング娘。の『ザ☆ピ~ス!』でスタート。イントロが流れ、高さ12mから、ブランコに乗った兒玉遥・指原莉乃・朝長美桜が登場し、メンバーがステージ上に揃うと、会場内から大歓声が上がり、会場の熱気は一気に上がる。 (HKT48「クラス替え」チームK4誕生でどう変わる?) 公演冒頭のMCでは、昨日の大分公演でのサプライズ発表「クラス替え」に関してKⅣのキャプテンに任命された多田愛佳は発表後、(AKB48)渡辺麻友から「愛ちゃんがキャプテンになる時代になったんだねー」とメールが来たと話すと、会場から大きな笑いが。「自分自身不安だけど、KⅣ の子たちの方が心配だと思う」と弱音を吐きつつも「いいチームにできる自信がある!」と意気込み、会場からは拍手が起こった。 アンコールでは、『恋するフォーチュンクッキー』をHKT48全メンバー47名とむぅちゃん、そして会場のファンと一緒に踊り、盛り上がりは最高潮に。指原莉乃が「宮崎県にまた遊びにきてもいいかな?」と呼びかけると会場から「いいともー!」と温かい声援を頂き、宮崎公演は無事終了した。 【公演後のメンバー感想】駒田京伽「念願だった故郷での公演、本当に楽しかったです。「おかえり」と横断幕を作ってくださっていたり、たくさんの声援をいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。これからまた宮崎で公演が出来るよう、精いっぱい頑張りますので応援よろしくお願いいたします。」 冨吉明日香「まだ活動を始めて1年少しで、念願だった故郷での公演が実現出来て本当に幸せです。会場のお客さんも温かく迎えてくださって、「おかえりー!」とたくさんの方に言っていただきました。宮崎に産まれたこと、本当に誇りに思っています。これから恩返しが出来るよう、もっともっと頑張ります。」(C)AKS HKT48『メロンジュース』『スキ!スキ!スキップ!』他、名曲が全て買える!・分島花音「ストライク・ザ・ブラッド」新ED曲のMV解禁へ・松井珠理奈からお年玉!SKE新シングル3月発売