大島優子の卒業でカギを握るのは渡辺松井
AKB48大島優子が、紅白歌合戦にて前代未聞の卒業宣言をした。 前田敦子の卒業後、AKBの屋台骨としてこの巨大グループを引っ張ってきた彼女の突然の卒業宣言は、ファンだけでなくメンバーにも大きな衝撃を与えた。大島優子が去った後に、AKBはどう変貌していくのか? まず引き合いに出せるのが、「絶対的センター」だった前田敦子の卒業だ。「前田敦子が辞めたらAKBはどうなってしまうのだろう…」と、ファンも関係者もメンバーも考え、当時は悲観論が多く出た。しかし、結果としてその後も知名度、売上共に好調を維持し続け現在のAKBグループが存在している。前田敦子が去った後に、なぜAKBは人気を落とさなかったのか?それは、残ったメンバーの奮闘があったからに他ならない。その中心にいたのが、大島優子と高橋みなみだった。特に大島優子という「絶対的エース」がいたからこそ、安心してそれぞれのメンバーが個人の活動に力を入れられたのではないか?指原莉乃の大ブレイク、渡辺麻友、松井珠理奈の躍進、そして島崎遥香などの次世代センターの成長、最近では、三銃士と呼ばれる小嶋真子、西野未姫、岡田奈々の活躍が有り、多方面からのファン獲得に成功した。また、SKE48、NMB48、HKT48などのメンバーからも絶対的な信頼を置かれているのが大島優子。大島優子という、「AKBの太陽」がいたからこそ、それぞれのメンバーが思い切り自分を出し、チャンスをものにしていった。「いつか大島優子さんみたいになりたい!」そんなコメントを若手から良く見受けられるのも納得だ。 では、大島優子が卒業をしたら、AKBは崩壊してしまうのか? 今回の大島優子の卒業で、2014年は間違いなくAKBグループにとって大きな転換期になると予想される。次にAKBを引っ張るメンバーとして名前が上がるのが、指原莉乃と渡辺麻友だ。二人共総選挙でも結果を出し、名前が上がって当然なのだがしかし、指原莉乃はこの大島優子卒業をキッカケに、更にプロデュース業に精を出す可能性が高いと思われる。元来、指原本人も裏方志望だと話しているように、現在、人気が出始めているHKT48を育て上げることに喜びを感じているように見える。流れを読むのが超人的にうまい指原莉乃が、グイグイとセンター・エース争奪戦に参戦するとは最近の動向では考えられない。ならば、渡辺麻友となるのだが、松井珠理奈の存在が欠かせなくなる。彗星のごとくAKBグループに現れ数々の伝説を作ってきた松井珠理奈が、本格的に渡辺麻友とともにWセンター、WエースとしてAKB48を引っ張っていく形が理想型となる。いやいや、ここ1年近くは実質その二人がAKB48を引っ張ってきたぞ、との声が聞こえそうだ。しかし、よく考えよう。二人の後ろ、もしくは横に大島優子がいるのといないのとではどれだけ二人に罹るプレッシャーが違うか?それは二人にとっても未知の体験になる。それを考えれば、このWセンター、Wエースは二人が歩んできたキャリアを生かしつつも、「大島卒業後」の渡辺麻友19歳と松井珠理奈16歳によって全く新しいAKBの未来が託されることになるだろう。 (日本一面白いAKB記事!一気読みはクリック) そして、渡辺麻友の同年代である旧チーム4の島崎遥香ら、松井珠理奈と同年代の三銃士の面々。彼女たちが大島優子が卒業後初めてのブログで綴った、「次を担うメンバーに明け渡すことが私の役目でもある」という言葉を深く受け止め、これらの次世代センター候補生がいままで以上の努力で活動を続ければ、前田敦子卒業の時と同じく、大島優子卒業という「大きな節目」を乗り越えられるのではないだろうか。いや、見たこともないようなAKB48が創りだされるのではないだろうか? その中で、ファンから熱望されている「マジすか学園」の新章を是非、渡辺麻友、松井珠理奈、島崎遥香を中心として三銃士の面々を出演させ放送して欲しい!大島優子の卒業そして、ドラフトやペナントレース制など2014年のAKB48はいままで以上に面白くなりそうだ!(C)AKS ・今からでも遅くない!!AKB48グループの曲が全て聞ける!MVも買える!・2014年AKBを大変革させるNMBメンバー・AKBグループ「チーム」とは何なのか?各グループ徹底分析